ダルビッシュ、依然オフのFAランク1位 「契約の可能性ある球団」に名門ズラリ

ダルビッシュ、依然オフのFAランク1位 「契約の可能性ある球団」に名門ズラリ

ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

オフのFA選手ランクでは常に1位「キャリアのほとんどでローテのトップ」

 ドジャースのダルビッシュ有投手は、7月31日のトレード期限ギリギリで移籍後、4試合に登板して2勝1敗、防御率3.13と上々の成績を残している。腰の張りで10日間の故障者リスト(DL)に入ったものの、8月27日(日本時間28日)の本拠地ブルワーズ戦で復帰。5回3失点で移籍後初黒星を喫したが、デイブ・ロバーツ監督は内容に及第点を与えるなど、絶大な信頼を寄せている。

 まずはドジャースでのワールドシリーズ制覇が最大の目標となるダルビッシュ。ただ、今季限りで契約が満了してフリーエージェント(FA)となるため、オフも大きな注目を集めることは確実だ。MLB公式サイトは、今オフのFA選手トップ10を特集する記事を掲載。ダルビッシュは相変わらずトップの評価を受けている。

 記事の中で、トップ10の1位として名前が挙がっているダルビッシュ。寸評では「今季、ダルビッシュに浮き沈みがあったのは明らかだ。7月26日のマーリンズ戦では10失点、7月4日のレッドソックス戦では7失点、6月18日のマリナーズ戦では5失点を喫した。このことが、7月の有望株獲得に影響を及ぼした」と指摘。7月のトレードの際には、ダルビッシュと引き換えに獲得した選手が期待されていたような超有望株ではなかったとして、レンジャーズの首脳陣を批判する声もあった。それでも、オフのFA選手ランキングで常に1位に選出されてきた右腕の評価は下がっていない。

「しかし、ダルビッシュはメジャーキャリアのほとんどで、先発ローテーションのトップだった。ドジャースで彼は4試合に先発しxFIP 3.32、奪三振率11.3を記録している」

ドジャース、ヤンキース、カブス…「契約の可能性がある球団」に名門ズラリ

 MLB公式サイトはセイバーメトリクスの指標も持ち出し、その投球内容を評価。そして、「ロサンゼルスの優勝争いにおける彼の健康と成功は、今オフシーズンの彼の提示価格がどれほど高くなるかについて影響を及ばすだろう」と、今後の投球が契約に大きく響くことになると予想している。

 ただ、現時点でも「ジョニー・クエトとジャイアンツが結んだ取引に近い契約をする可能性がある。この契約は6年1億3000万ドルとなっている」と“算出”。年平均2100万ドル(約23億円)を超える契約は確実だと見ているが、今後の投球次第ではさらに跳ね上がる可能性も、もちろんある。年平均3000万ドル(約33億円)の大台を突破することはあるのか、注目が集まるところだ。

 記事では、「契約の可能性がある球団」として、「ドジャース、レンジャーズ、ヤンキース、カブス、ブルージェイズ、エンゼルス、他多数」と列挙。ドジャース残留の可能性を含めて、名門球団の名前がズラリと並んでいるだけに、まさに大争奪戦となりそうな気配だ。

 なお、MLB公式サイトが選出した今オフのFA選手トップ10は以下の通りとなっている。

1、ダルビッシュ有投手(ドジャース)
2、ジェイク・アリエッタ投手(カブス)
3、マイク・ムスタカス内野手(ロイヤルズ)
4、ウェイド・デービス投手(カブス)
5、エリック・ホズマー内野手(ロイヤルズ)
6、J・D・マルティネス外野手(Dバックス)
7、ジェイ・ブルース外野手(インディアンス)
8、ロレンゾ・ケイン外野手(ロイヤルズ)
9、ランス・リン投手(カージナルス)
10、ザック・コザート内野手(レッズ)(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)