楽天・銀次、打球股間直撃→安打も交代直訴 梨田監督「顔が真っ青だった」

楽天・銀次、打球股間直撃→安打も交代直訴 梨田監督「顔が真っ青だった」

楽天・銀次【写真:荒川祐史】

アクシデントの銀次に梨田監督「走れない感じだった」

 楽天の銀次内野手がアクシデントに見舞われた。1日のソフトバンク戦(ヤフオクD)で、7回に途中交代した。

 痛いアクシデントは7回の第3打席だった。1ボール1ストライクからの3球目。東浜の高速シンカーにバットを出すと、打球はワンバウンドして股間を直撃。グラウンド上にうずくまり、その後はしばらく身動きが取れなかった。

 なんとか立ち上がり、打席に立つと、6球目の高速シンカーを捉えて中前安打を放った。だが、一塁ベース上で自ら交代を申し出て、代走・阿部が送られた。梨田昌孝監督は「顔が真っ青だった。走れない感じだった」と、状況を説明していた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)