清宮が3回に技ありの大会初ヒット 中村は四球も後続が倒れて追加点ならず

清宮が3回に技ありの大会初ヒット 中村は四球も後続が倒れて追加点ならず

メキシコ戦で自身大会初となるヒットを放つ侍ジャパンU-18代表・清宮幸太郎【写真:Getty Images】

日本は2回に藤原の3点二塁打で先制に成功

 侍ジャパンU-18代表は1日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)の初戦でメキシコ代表と対戦。「4番・一塁」でスタメン出場した清宮が3回に技ありの初ヒットを放った。
侍ジャパンU-18代表、初の世界一に向けて初戦は10得点でメキシコに大勝(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 清宮は初回の第1打席は中飛。日本は2回満塁の好機で藤原が走者一掃の二塁打を放ち、3点を先制した。

 3回、先頭の安田は空振り三振に倒れ、清宮が1死走者なしで打席へ。カウント2-2から外角へのストレートをレフト前に運ぶ技ありのヒットを放った。

 続く中村の打席で暴投。清宮が二塁に進むと、中村は四球で1死一、二塁とチャンスが広がる。増田は空振り三振、櫻井は見逃し三振で追加点はならなかった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)