先発・徳山、4回に連続死球で押し出しも…最少失点で切り抜け2点リード守る

先発・徳山、4回に連続死球で押し出しも…最少失点で切り抜け2点リード守る

メキシコ戦に先発する侍ジャパンU-18代表・徳山壮磨【写真:Getty Images】

日本は2回に藤原の3点打で先制

 侍ジャパンU-18代表は1日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)の初戦でメキシコ代表と対戦。3回まで無失点投球を続けていた先発の徳山が、4回に押し出し死球で1点を失い、2点差に迫られた。

侍ジャパンU-18代表、初の世界一に向けて初戦は10得点でメキシコに大勝(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 日本は2回、満塁の好機で藤原が走者一掃の二塁打を放ち、3点を先制した。しかし、4回に徳山が2死二、三塁のピンチでマンザナレスに死球。満塁とすると、続くメンドーサにも死球を与え、1点を返された。

 それでも、続くペレスはニゴロ。最少失点に抑え、3-1と2点のリードは守った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)