先発・徳山が好投、連続死球で押し出しも修正 小枝監督「さすが選抜優勝投手」

先発・徳山が好投、連続死球で押し出しも修正 小枝監督「さすが選抜優勝投手」

メキシコ戦で好投した侍ジャパンU-18代表・徳山壮磨【写真:Getty Images】

“開幕投手”の大役果たす、「勢いづけられたかなと思う」

 侍ジャパンU-18代表は1日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)の初戦でメキシコ代表に10-1で快勝。初優勝へ向けて好スタートを切った。先発の徳山壮磨投手(大阪桐蔭)が7回2安打1失点と好投。“開幕投手”の大役を果たし「(チームを)勢いづけられたと思う」と笑顔を見せた。

侍ジャパンU-18代表、初の世界一に向けて初戦は10得点でメキシコに大勝(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 徳山は初回、3者凡退のスタート。味方打線が2回に藤原の3点二塁打で先制すると、2、3回も無失点に抑えた。4回はボールが抜け、右打者に2者連続死球で押し出し。1点を失った。小枝守監督は「非常にボールの滑りが気になってインサイドが抜けてしまうというのがあった」と振り返ったが、ここで慌てることなく後続を断ち最少失点。指揮官も「やっぱり選抜優勝投手」と脱帽した。

 その後は7回まで無失点に抑える好投。右腕は「ちょっとマウンドに慣れない感じがあったんですけど、なんとか試合中に修正して7回まで投げることができました。日本を代表して投げてるので」と安堵の表情を浮かべた。

 一方で、打たれた2本のヒットはいずれも二塁打と外国人打者のパワーも痛感。「やっぱり甘く入ってしまうと持って行かれてしまうことがあったので、低めに丁寧に投げることだけを考えました」。初戦で貴重な経験が出来た。「チームを勝ちに導けたので、そこはすごくうれしい。勢いづけられたかなと思います」。しっかりと大役を果たしたことは確かだ。

 小枝監督も「選手はちょっと硬めだったですね。展開とすれば、先制、中押し、駄目押し(点を)取れたので、最初にしてはよかったと思います」と上々の手応えをつかんだ様子。“開幕投手”の力投で、日本が大会の流れを掴んだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)