【U-18野球W杯】「自分たちで流れを作っていこう」―大勝発進の日本、光った2年生コンビ

【U-18野球W杯】「自分たちで流れを作っていこう」―大勝発進の日本、光った2年生コンビ

走者一掃の二塁打を放ち3点を先取した藤原恭大【写真:沢井史】

初戦でメキシコに大勝、9番小園&1番藤原の2年生2人が大活躍

「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)は1日、開幕した。オープニングゲームに登場した日本はメキシコと対戦し、10-1と快勝。幸先良いスタートを切った。選抜優勝右腕の徳山壮磨が7回2安打1失点と好投。続いて8回から登板した磯村峻平(中京大中京)が2回4奪三振で締めくくった。

侍ジャパンU-18代表、初の世界一に向けて初戦は10得点でメキシコに大勝(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 攻撃面では2年生コンビが躍動した。2回、1死満塁の場面で1番の藤原恭大(大阪桐蔭)が走者一掃の左翼線二塁打を放ち3点を先取した。「追い込まれてもボールに食らいついていこうと思いました。ああいう形で結果を残せて良かったです。初めての海外で緊張はありましたが、自分のバッテイングはできました」と振り返った。

 9番の小園海斗(報徳学園)は内野安打を含む3安打を放った。「(藤原について)いいところで打ってくれた」と小枝守監督。小園は守備でも難しいゴロを何度もさばいた。「(海外の球場は)土が硬くてバウンドが変わるのが日本と違う。あと、スライディングすると痛いんです」と本音を漏らしたが、攻守に渡り、勝利をアシストする働きを見せた。

2年生が一目を置く主将・清宮の存在「チームで1番雰囲気があります」

「9番と1番なので、自分たちで流れを作っていこうと言っています」(藤原)

「(中学時代の所属チームでは)藤原とは1、2番コンビでした。この大会は自分が出れば藤原に繋がる。いいバッターが後ろにいるのは頼もしい」(小園)

 息がピッタリなだけでなく、お互いを高め合える関係でもある。そして、チームに溶け込みやすい空気を作ってくれたのはキャプテンの清宮幸太郎(早実)だ。「清宮さんとは部屋に行ったりして色んな話を聞きました。打者としてもチームで1番雰囲気があります。間合いの取り方など、なかなか真似できないです」と藤原は話す。

 同部屋の3年生も気さくに接してくれる。そんな3年生がいるからこそ、2年生がのびのびプレーできる。短期決戦で求められるのはチームワーク。学年関係なく心をひとつにして、次は難敵・アメリカに立ち向かう。(沢井史 / Fumi Sawai)

関連記事(外部サイト)