ロッテ鈴木が語る「6」の背中 偶然の握手から始まった「人生の不思議」

ロッテ鈴木が語る「6」の背中 偶然の握手から始まった「人生の不思議」

ロッテ・井口資仁(右)に花束を渡す鈴木大地(左)【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

「夢にも思っていなかった」―憧れの井口と共に過ごした日々

 あれは鈴木大地内野手がプロ入りする前、大学2年が終わろうとしている冬のことだった。オフの日に、仲間たちと関東の遊園地に遊びに行った時に、異様なオーラを放つ男の姿を見つけた。服の上からでも、はっきりとわかる強靭な肉体。そしてテレビでよく見る顔に、すぐに井口資仁内野手であることが分かった。トイレに入ったのを確認すると、その外で出てくるのを待った。そして声をかけた。「マリーンズの井口選手ですか? 握手をしてください」。ニコリと微笑まれ、強く手を握ってくれた。

「人生って不思議ですよね。あの時はまだプロ入りなんて夢のまた夢の話で、思ってもいなかった。ただ、純粋に憧れのプロ野球選手と握手をしたい。それだけだった。まさか同じチームでプレーをすることになるなんて夢にも思っていませんよ」

 月日は流れた。鈴木は11年10月27日に行われたドラフト会議で千葉ロッテマリーンズに3位指名を受け、入団をした。あの日、握手をしてもらった井口とチームメートになった。ふとした時、その話をしてみた。

「ああ、なんか覚えている。トイレの前で大学生ぐらいの人に声を掛けられたことをね。そうか、あれが大地だったのかあ」。そう言って笑ってくれた。

 1年目は62試合の出場。2年目の13年にフル出場をすると14年からキャプテンを務め、マリーンズの看板選手までに成長をした。そして今シーズンをもって大学2年のあの日、握手をしてもらった憧れの大先輩は引退をすることになった。

「いろいろな思い出があります。その一つ一つを大切に、しっかりと胸に刻んで、これからこの世界で生きていこうと思っています」

 鈴木はそう言って、自分自身の記憶の中に大事にしまっている様々な思い出を語りだした。

忘れられない言葉、「やるしかない。出直そう」

 初めて1軍に昇格をした頃。ベンチでどこに座ればいいか分からずに困惑をしていると、井口に手招きをされて、隣の席を空けてくれた。「とりあえず、大きな声を出すことだよ」。そう言って和ましてくれた。

 2年連続全試合出場をして迎えた15年5月20日のライオンズ戦。不振にあえいでいた鈴木はスタメン落ちを言い渡され、連続試合出場が止まった。試合に勝利をしてスタンドに挨拶を行い、ベンチに戻ろうとした時に、ポンと後ろから肩を叩かれた。振り向くと井口がいた。

「明日からまた頑張ろう。やるしかない。出直そう」

 悔しい想いは表情や態度に出さないように強く心がけていた。ベンチで大きな声を出し、笑顔を作ってきたつもりだった。それでも大先輩は気持ちを察し、誰よりも先に声をかけてくれた。それが本当に嬉しかった。

「別に誰もが注目をしているような凄い記録なわけではない。僕の個人的な目標に過ぎないそのことを知ってくれていて、あの状況の中で声をかけてくれたことが本当に嬉しかった」。それからまた連続試合に向けた全力の日々が始まった。

教えられた“プロで生きる意味”と“厳しさ”

 こんなこともあった。ある試合で、井口は死球を受けた。ベンチに戻った際に状態を確認すると「大丈夫だよ」と爽やかな笑顔でニコリと笑ってくれた。あまりにも涼し気な表情にその言葉を鵜呑みにしていた。後日、ロッカーで着替えをする井口を見て驚いた。ボールを受けた場所は真っ青に腫れあがり、大きなアザができていた。痛みに堪え、何事もなかったように振る舞い、そして結果を出していたのだ。

「プロの世界で生きることの意味と厳しさを教えてもらいました。あれから僕よりも若い選手がたくさんマリーンズに入ってきて、自分が引っ張らないといけない立場になったけど、いつも井口さんに教えてもらったことやその背中から感じたことを伝えられるようにと思っています」

 背番号「6」は9月24日のファイターズ戦(14時〜、ZOZOマリンスタジアム)でユニホームを脱ぐ。プロの第一線で21年間、全力で戦い続けた日々に幕を落とす。ただ、これからもマリーンズの選手たちの胸の中で、その魂は確かに生き続ける。全力で挑み、妥協なく戦い続けた男の背中を忘れない。

 共に歩んだ日々は決して長くはなかったが、得たものはたくさんある。鈴木もまた偉大なる大先輩の歩んできた道のりをしっかりと見つめ、同じように必死に走り続ける。

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

「パ・リーグ インサイト」マリーンズ球団広報 梶原紀章

関連記事(外部サイト)