61登板で驚異の防御率1.61 ホークス岩嵜“リーグ最高の中継ぎ”へ視界良好

61登板で驚異の防御率1.61 ホークス岩嵜“リーグ最高の中継ぎ”へ視界良好

ソフトバンク・岩嵜翔【写真:荒川祐史】

今季中継ぎに専念する27歳右腕、「勝利の方程式」の一角を担う活躍

 首位・福岡ソフトバンクの鉄壁の「勝利の方程式」の一角として、ここまで獅子奮迅の働きを見せている岩嵜翔投手。将来のエース候補と目され、昨季まではチーム状況に応じて先発と中継ぎを兼任していたが、今季は中継ぎに専念して気迫十分の投球を続けている。

 市立船橋高校時代、甲子園で球速150キロをマークして注目を集めた岩嵜。由規(東京ヤクルト)、中田翔(北海道日本ハム)、唐川侑己(千葉ロッテ)からなる「高校BIG3」がドラフトを賑わせた2007年、福岡ソフトバンクから1位指名を受けてプロ入りする。

 容姿や人気にも恵まれ、投球スタイルは最速150キロを誇る右の本格派。誰もが次世代の大エースになることを期待したが、ルーキーイヤーと2年目はそれぞれ1試合ずつの登板に終わり、プロ4年目の2011年にようやく初勝利を挙げる。その試合のお立ち台では、涙を耐えきれず「やっぱり1軍で勝つということは凄いこと」だと、ファンや野手への感謝を語り、それでも「いずれはホークスのエースに」と力を込めていた。

 しかし、先発と中継ぎの両方を経験し、どちらの役割でも一定の結果を出しながら絶対的な信頼を得ることはできず。入団時の高い期待には完全に応えられないまま、チームが日本一に輝いた2015年には、わずか8試合の登板で防御率6.75という数字に終わってしまう。

肉体強化を経て臨んだシーズンで飛躍

 ただ、日本球界に復帰した和田毅に背番号「21」を譲り、「17」を背負って迎えた2016年は、岩嵜にとって飛躍のシーズンとなった。初登板は5月17日とやや出遅れたものの、その後は中継ぎとして6月26日まで15試合に登板して防御率0.82。先発した7月7日のオリックス戦では、自身5年ぶりとなる完封勝利もマークする。最終的には7試合の先発を含む35試合で4勝2敗、9ホールド1セーブ、防御率1.95という好成績を残した。

 そして開幕前、複数の専門家から指示を仰ぎながら肉体強化に励むなど、さらなる向上心を持って臨んだ今季。岩嵜にとっては、プロ入り後初めて先発としての登板が1試合もないシーズンとなっている。中継ぎに専念したその投球はさらに凄みを増し、ここまで61試合に登板して5勝2敗34ホールド2セーブ、防御率1.61。勝ちパターンの1人として、いくつもの接戦を拾い、首位奪還を目指すチームに大きく貢献してきた。

 今季のホールドポイントは39にのぼり、2位のハーマン(楽天)、シュリッター(西武)に8つの差をつけてリーグトップを快走中。エース候補として将来を嘱望されていた豪腕が、中継ぎというポジションでチームに貢献する喜びを知った今シーズン。自身初となる1軍タイトル、リーグ最高の中継ぎ投手という栄誉にあずかる可能性は十分だ。(「パ・リーグ インサイト」望月遼太)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)