ソフトB千賀、変わった無死満塁での境地 成長のきっかけとなったもの

ソフトB千賀、変わった無死満塁での境地 成長のきっかけとなったもの

ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】

8回途中1失点で12勝目、カーブを使い「自分のピッチングで幅が増えた」

 2日の楽天戦に先発したソフトバンクの千賀滉大が、8回途中1失点で自己最多タイとなる12勝目をマーク。チームを3-1の勝利に導き、黒星を喫した前回登板の汚名をしっかりと返上した。

 初回、先頭のオコエにいきなりの死球。それでも千賀は動じることなく後続を打ち取った。5回までに与えたヒットはわずか1本。代名詞でもあるフォークボールの落ちも決して良くはなかったが、6回の無死満塁のピンチも最少の1失点で乗り切った。

「正直、危ないところもあったが最少失点で済んでよかった。球を操れない中で(甲斐)拓也がうまくリードしてくれたので、(球種が)偏らずにいけた」

 この日の千賀を救ってくれたのは、お化けフォークでもスライダーでもなく、これまで多くは投げていないカーブだった。右腕は「試合前にも拓也とカーブを使えたらいいと話していた」と明かす。「ボクの中ではあまりない球。(3試合登板した)仙台では1球も投げてなかった」という球種で、楽天の打者を翻弄してみせた。

 千賀は「1つ(球種の)選択肢が増えれば自分自身が楽になる。ボクのピッチングについては幅が増えたと思う」と語ったが、そのカーブが生きたのも「まっすぐが前回ほど大きく荒れずに済んだ」からだろう。

無死満塁のピンチも「初めての割り切り」で最少失点で抑えきる

 1-0で迎えた6回表の無死満塁の場面については「カウントを悪くして歩かせるよりも(打たれて)1-1でいいという考えだった。よく野手がゲッツーを取ってくれた」と、松田宣浩の好判断に感謝。続けて「そういう割り切りができたのは初めてだった」と千賀は語る。

「今までなら全部三振を取ろうと考えるところ。でも『今日のフォークでは無理』と思った。1点で済んでよかったし、その後すぐに(中村)晃さんが返してくれてよかった」

 さらに「去年はただただバッターを抑えようという考えだったが、今は一歩引いて『このバッターはどうだ』と考えるようになれた」と、自らの成長について語った。千賀はそのきっかけについて「ボクの中では侍が大きかった」と、WBC代表経験を挙げる。また、12勝3敗という成績について「登板数もイニング数も少ない中で(去年と)同じ数字を出せたことは、成長したかなと思う」と自信を覗かせた。

「まずは(次の)13勝」と、自己最多の勝ち星を目標に挙げる。昨年、受賞権利の13勝に1勝足りないばかりに最高勝率のタイトルを和田に譲っており、「和田さんには『今年は(東浜)巨に譲るつもりか?』って言われるんです」と言って記者たちを笑わせた。「今年は(タイトルを)1個くらい獲れるように」と、今後の活躍を誓った。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)