ロッテ涌井、6年ぶり完封生んだ大きな“変化”「意を決してやってみようと」

ロッテ涌井、6年ぶり完封生んだ大きな“変化”「意を決してやってみようと」

ロッテ・涌井秀章【写真:(C)PLM】

9回にも150キロ連発で5安打6奪三振、伊東監督も「らしさが出ていた」

 ロッテの涌井が2011年5月25日の広島戦以来、6年ぶりの完封で今季5勝目を挙げた。

 2日の日本ハム戦で120球、5安打6三振の力投。三塁を踏ませぬ投球で9回は150キロのMAXを連発。2死から中田に遊撃内野安打も大田を140キロの変化球で空振り三振を奪った。

 好投の要因は4年振りに、ノーワインドアップに戻したことだったという。ロッテ移籍後は走者の有無に関わらず、セットポジションで投げていた。

「ちょいちょい練習ではやっていて、一昨日のブルペンで試して、意を決して(試合で)やってみようかと思った。ストレートに力強さがでる。ロッテに来た当時(2014年)のオープン戦でやっていた気がするが、自分ではっきり記憶しているのは(西武時代の)2013年まで」

 フォームを変えるのは勇気のいることだったが「後半戦はずっとよくなかった。変える時期かなと。すぐに結果が出るとは思っていなかった。次回もこの投げ方でやってみる。(6年振りの完封も)余力はあった。余計な体力も使わなかった。09年(16勝で最多勝、沢村賞)10年(14勝)が理想。そこに近ずけたい」と大きな手応えをつかんだ。

 5月12日の日本ハム戦(東京ドーム)では1試合6被本塁打のリーグワースト記録をつくるなど、エースとしての期待を裏切り続けた。遅かりし完封勝利で「実際、監督が辞めることになった。自分たちの出来ることをやって、今後の野球人生に繋げていきたい」と涌井。

「早打ちに助けられた面もあるが、余力を残していた。9回に150キロ? 最初から投げてほしい」と笑った伊東監督だが「今日は一人で投げ切ろうという気持ち。(涌井の)らしさが出ていた」と話した。(細野能功 / Yoshinori Hosono)

関連記事(外部サイト)