田中将大、強豪Rソックスに好投&3連勝でNY紙絶賛「支配的な姿を取り戻した」

田中将大、強豪Rソックスに好投&3連勝でNY紙絶賛「支配的な姿を取り戻した」

レッドソックス戦で好投したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

今季11勝目&日本人最速50勝目、地元紙高評価「一発勝負の選択肢に」

 地区首位を走るレッドソックスに8回途中1失点の好投を見せたヤンキース・田中将大投手を地元ニューヨークメディアが絶賛した。

 右腕はこの日、5回まで無失点に封じると、1点リードの6回1死三塁から自身のワイルドピッチで失点したが、8回途中まで1失点に抑えて降板。一方、打線もホリデーが6回に勝ち越し3ランを放つなど5点の援護をもたらし、5-1で勝利した。田中は8回0/3で97球、5安打3奪三振2四球1失点で11勝目(10敗)。防御率4.54となった。また渡米後4年目で通算50勝に到達。101登板目での50勝は日本人投手で最速となった。

 田中は8月に右肩の炎症で一時故障者リスト(DL)入りしたが、復帰後はこれで3連勝。いずれも7回以上を投げており、3試合連続でクオリティースタート(6回以上を自責3以内)を達成した。

 試合後、ジラルディ監督も「ロケーションがとても良かった。ここ10試合はとてもいい投球をしていた。彼が調子を上げてくれることは重要だ。制球が良かったし、スプリットも良かった。速球も低めに集まっていた」と称賛した。

決勝弾の同僚も称賛「エースの投球で勝機を与えた」

 ア・リーグ東地区首位のレッドソックスに好投したことで地元メディアも改めて田中を評価。地元紙「ニューヨーク・ポスト」電子版は「ヤンキースのワイルドカードでの最適解は驚きのものに」との見出しで速報し、「ゴロ製造機の働き。特に速球とスプリットがレッドソックスをストライクゾーンでからかった」とレポート。「もしヤンキースが今から1か月後の10月3日にワイルドカードゲームを主催することになった場合、マサヒロ・タナカは一発勝負の選択肢にならないだろうか?」と投げかけた。

 また決勝弾を放ったホリデーも記事の中で「彼はエースだった。エースの投球をしていた。それが勝機を与えた。質の高い7回を投げられる者がいれば勝つのは簡単だ」と称賛した。

 地元紙「ニューヨーク・デイリーニューズ」電子版も「クリス・セールを倒し自分がヤンキースのエースと知らしめようとするルイス・セベリーノにマサヒロ・タナカの復活がプレッシャーを与える」との見出しで速報。「ヤンキースのエースとしての地位を確立する準備がセベリーノにできているだろうか? マサヒロ・タナカがついにかつての支配的な姿を取り戻したように見える今、その問いは極めて妥当だ」とし、田中が再びエースの座をつかみかけている様子をレポートしている。

 ヤンキースはこれで貯金を再び「9」とし、レッドソックスと4.5ゲーム差とした。またワイルドカードでプレーオフ出場圏をキープ。田中もオールスター以降は8登板で4勝2敗、防御率2.73と調子を上げ、プレーオフに向けて突き進む名門を支えている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)