ペース、成功率、奪三振率…ソフトBサファテ、驚異の日本タイ記録46セーブ

ペース、成功率、奪三振率…ソフトBサファテ、驚異の日本タイ記録46セーブ

ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】

更新は時間の問題 日本タイ記録46S、サファテの凄さ

 驚異の速さで、日本記録に並んだ。ソフトバンクの絶対的守護神、デニス・サファテ投手である。2日の楽天戦(ヤフオクD)。3-1と2点リードの9回にマウンドに上がると、先頭の島内に安打を許しながらも、安定の無失点投球で今季46セーブ目をマークした。

 これで2005年の中日・岩瀬仁紀投手、2007年の阪神・藤川球児投手が樹立していた46セーブのプロ野球記録に到達した。驚くべきは、その達成のスピードだ。岩瀬は60試合目で、藤川はさらに多い71試合目の登板での46セーブ目だった。これに対してサファテは57試合目での到達となった。

 しかも、今季は夫人の体調が優れず、5月下旬にアメリカへと一時帰国し、10日間の登録抹消期間があった。それなのに、この時期での46セーブ到達。まだ、今季121試合目。22試合を残しており、記録の更新も確実だ。これは、それだけの勝ち星をあげているソフトバンクの強さと、そして、サファテのとてつもない力を表していると言えるだろう。

 この驚異的なセーブを記録するペースは、勝ち試合を十中八九モノにできる安定感にある。今季57試合で46セーブを挙げているが、セーブシチュエーションでの登板は47試合。唯一失敗したのは4点リードの無死満塁で登板して同点に追いつかれた8月5日の西武戦(メットライフ)のみ。2つの黒星は同点の場面での登板で、3点以内のリードで、9回の頭から守護神がマウンドに上がった場合は、100%チームは勝利しているのだ。

前人未到の50セーブも視野

 打者を圧倒するサファテの投球は、その三振の多さに現れている。今季はここまで57イニングを投げて、90三振。奪三振率に換算すると14.21個と驚異的な数字となる。パ・リーグの投手全体で見ても、90奪三振は単独13位となる。

 もちろん、ここの上位20人に名を連ねているのは、各チームの先発投手ばかり。サファテは唯一、このランクにリリーフ投手として、名を連ねており、さらには、オリックスの西やディクソン、ロッテの唐川、日本ハムの有原ら各球団のローテ投手よりも、三振を奪っている。仮にサファテが、この奪三振率で規定投球回の143イニングを投げると、225個の三振を奪うことになる。これもまた、驚異的な数字である。

 体調を崩していた夫人は状態が回復し、8月の下旬に来日。この日はスタンドで右腕の記録に並ぶ瞬間を子供たちと見守った。「家族が来たことで違う意味での疲れもあるけどね」と笑いながら「6か月離れていたから、いつ来られるのかと心待ちにしていた。家族の前で達成できて嬉しい」と語った。家族を、そしてチームを愛する助っ人右腕。47セーブの新記録達成は時間の問題。前人未到の50セーブ到達すらも、夢物語ではなくなってきた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)