【MLB】ダルビッシュ、9勝目ならず 4回途中5失点で降板

【MLB】ドジャースのダルビッシュ有、今季10打席目での初ヒットも9勝目ならず

記事まとめ

  • ドジャースのダルビッシュ有投手がパドレス戦で4回途中5失点で降板し、9勝目を逃した
  • ダルビッシュは、2度の打席で左打席に立ち、第2打席でショートへの内野安打をマーク
  • 今季10打席目での初ヒットとなったが、フォームを修整している投球では精彩を欠いた

【MLB】ダルビッシュ、9勝目ならず 4回途中5失点で降板

【MLB】ダルビッシュ、9勝目ならず 4回途中5失点で降板

4回途中5失点で降板したドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

3回に4失点、逆転許す

 ドジャースダルビッシュ有投手が2日(日本時間3日)の敵地パドレス戦で4回途中5失点で降板し、9勝目を逃した。

 初回にターナーのタイムリー二塁打で援護を受けたダルビッシュはその裏、1死一、三塁とピンチを招くとサンチェスの一ゴロの間に失点。打線は3回にゴンザレスのタイムリーで勝ち越したが、その裏、1死からアスアヘに同点ソロを許すと、その後4安打を浴びてさらに3失点した。

 4回は先頭のアスアヘに四球を与えると、アイバーには三塁線へヒットを浴び、一、三塁となったところで降板。3回0/3、88球を投げ8安打5奪三振5失点で防御率は4.09となった。

 この日は2度の打席で左打席に立ち、第2打席でショートへの内野安打をマーク。今季10打席目での初ヒットとなったが、フォームを修整している投球では精彩を欠いた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)