中村が注目浴びる陰で…古賀が途中出場で好リード「うまく引き出せたと思う」

中村が注目浴びる陰で…古賀が途中出場で好リード「うまく引き出せたと思う」

米国戦途中からマスクをかぶった古賀悠斗【写真:沢井史】

米国戦途中からマスクをかぶった古賀「経験できたことは大きい」

 侍ジャパンU-18代表は2日(日本時間3日)、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のオープニングラウンド第2戦で米国と対戦し、0-4で初黒星を喫した。

侍ジャパンU-18代表、3投手で米国打線から圧巻23Kも打線沈黙で初黒星(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 先発した川端健斗(秀岳館)が5回2/3を投げ15奪三振と力投するも、2回に米国の6番・カサスに先制2ランを浴びた。5回、6回には守備の綻びで追加点を失うなど、ミスを突かれた失点に「今日は守り勝ちするはずが守り負けてしまった」と小枝守監督。何より自慢の打線が2安打に封じ込まれたのも大きな敗因。「アメリカの投手は日本と違ってタイミングが取りづらかった」と清宮幸太郎(早実)が言うように、各打者がうまく対応できなかったことが影響した。

 6回途中から中村奨成(広陵)に代わって、マスクを被ったのが今大会初出場の古賀悠斗(福岡大大濠)だった。これまで、練習試合を含めほぼマスクを被ってきたのは中村。回の途中から川端に代わり、田浦文丸(秀岳館)と共にバッテリーごと入れ替わった。

「ブルペンから試合のつもりで球を受けてきたので、気持ちの準備はできていました」と緊張はなく、2死一、二塁のピンチにも「自分が流れを切ろうという気持ちで入りました。(代わったばかりの)田浦にも、自分を信じて投げてこいって(言いました)」。川端のスライダーにまったく合っていなかった米国打線に対し、変化球で攻めつつもストレートを見せながら3番のゴーマンを見逃し三振に斬って取った。

田浦の持ち味引き出した好リード、米国相手に感じた厚い壁

 7回も4番から6番の強打者を連続三振。「田浦の持ち味でもあるチェンジアップを生かしながら、スライダーも決まっていたので、うまく(良さを)引き出せたと思います」と振り返った。

 だが、米国の厚い壁も痛感した試合だった。

「投手陣のすごさもそうですが(2回のホームランを振り返り)1球で簡単に流れが変わるんだなと。でも、切り替えるしかないです。明日に向けて気持ちを入れ直すしかないと思います」

 夏の甲子園で中村が一気に注目され、この代表の中でも中村の存在感は絶対的なものだった。

「(夏の甲子園は)見ていました。中村は打って投げて守って……どれもすごいとしか言えなかった。どれも自分は劣っているなと」(古賀)。強力なライバルの存在に試合に出たいという思いは一層強くなったが、本当に出られるのかと自分の実力に半信半疑の気持ちにもなった。

 それでも「いつか出番があった時の準備はしないといけない」と試合中から常に相手を観察し、策を練ってきた。出場機会が少なくても、勝負どころだった場合はなおさら結果が求められる。たとえライバルの存在が大きくても、背番号が与えられている以上は任務を全うしないといけない。試合には敗れたが「今日、アメリカを相手にした試合を経験できたことは大きいです」。この経験は今後の試合にきっと生きるはずだ。(沢井史 / Fumi Sawai)

関連記事(外部サイト)