エンゼルス・大谷翔平が投手復帰戦で7四球 地元紙は「サビついていた」と酷評

記事まとめ

  • エンゼルス・大谷翔平が紅白戦に先発し、674日ぶりとなる投手復帰を果たした
  • しかし、打者延べ10人に50球を投げ、奪ったアウトは1死のみで7四球1安打1失点だった
  • 大荒れの復帰戦について、地元紙は「オオタニは予想通りサビついていた」と酷評した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております