【MLB】大谷翔平の674日ぶり投手復帰戦にファン興奮 7四球大荒れも「将来のサイ・ヤング賞」

大谷翔平が変則ルールの紅白戦に先発登板 674日ぶり投手復帰戦にファンが興奮

記事まとめ

  • エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、変則ルールの紅白戦に先発登板した
  • 打者延べ10人に50球を投げ、奪ったアウトは1死のみで、7四球1奪三振1安打1失点
  • 18年に右肘手術を受けて以来初のマウンドだったがファンは久々の投手・大谷に大喜び

【MLB】大谷翔平の674日ぶり投手復帰戦にファン興奮 7四球大荒れも「将来のサイ・ヤング賞」

【MLB】大谷翔平の674日ぶり投手復帰戦にファン興奮 7四球大荒れも「将来のサイ・ヤング賞」

紅白戦で投手復帰を果たしたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

大谷は紅白戦で打者延べ10人に50球、7四球1奪三振1安打1失点だった

 エンゼルス大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地で行われた変則ルールの紅白戦に先発登板。初回は2四球などで1死一、三塁とし、18球を投げたところで一時降板。2イニング目は連続四球からタイムリーを浴びた。3イニング目は3者連続四球を与えたところで降板。打者延べ10人に50球を投げ、奪ったアウトは1死のみ。7四球1奪三振1安打1失点だった。

 大谷が試合で登板したのは2018年9月2日(同3日)の敵地・アストロズ戦で先発して以来674日ぶり。同年10月に右肘手術を受けて以来、初のマウンドだった。結果だけを見れば大荒れの復帰戦となったが、ファンは久々の投手・大谷に大喜びだったようだ。大リーグ公式インスタグラムはスローモーションの投球動画を投稿。ファンから多くのコメントが寄せられた。

「待ちきれない」

「プレーオフ進出の可能性へ彼に健康でいてもらう必要がある」

「ワォ」

「良い肩!!」

「ショウタイム!!!」

「将来のサイ・ヤング賞」

 当初から約4か月遅れの今季は開幕から二刀流として期待されている。剛腕の復活をファンは待ち望んでいる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)