監督から「バントしてもいい?」 サヨナラ勝利生んだソフトBの「賭け」

監督から「バントしてもいい?」 サヨナラ勝利生んだソフトBの「賭け」

ソフトバンク・中村晃【写真:藤浦一都】

相手エースに8回まで快投許すも…「バントしてもいい?」に「どうぞ」

 勝負をかけにいった。3日の楽天戦(ヤフオクD)。0-0からサヨナラ勝ちを決めた9回、ソフトバンクが勝負に打って出た一手が勝敗を分けた。

 両チーム1点も奪えずに迎えた最終回。ソフトバンクは1死から今宮が中前安打を放って出塁した。打席に立ったのは、3番の中村晃。ここで、工藤公康監督が導き出した決断は「送りバント」だった。2死となってでも、走者を得点圏に進めることを選択した。

 マウンド上は先発の則本。打線は、8回までヒットわずか3本に封じられていた。「今日の則本は本当に良かった」と藤本打撃コーチは言う。完璧に封じ込められていた右腕から連打するのは難しいと考えたのだろう。走者を進め、柳田、デスパイネの4、5番の一振りに、命運を託した。

 柳田が2ボールとなったところから敬遠されたのも、想定内だった。「柳田くんを歩かせて、デスパイネ勝負というのも考えて送ってもらった」と工藤監督。8回までの3安打の内、2安打を放っていたのがデスパイネ。このキューバ人助っ人が、期待に応えた。則本への初球を捉え、中前へ。突っ込んできた島内のグラブからボールがこぼれ、息詰まる投手戦に終止符が打たれた。指揮官は「最初からよく振りにいってくれた」と語った。

 この、中村晃のバントの場面を藤本コーチはこう振り返る。「ワンチャンスに賭けた。いい投手で、なかなかチャンスが作れない中で、(その後は)柳田、デスパイネだから。賭けですよね。監督から『バントしてもいい?』と言われて『どうぞ』と。1点取れば勝ちの状況だったしね。晃がいいバントをしてくれたし、いい采配だったと思います」。プレッシャーのかかる場面で一発でバントを決めた中村晃もさすが。この一手がデスパイネのサヨナラ打の呼び水になった。

「1点を先に取られていたら、ゼロに終わってたかもしれない」と藤本コーチ。まさに1点が、一手が勝負を分けた試合。勝負を賭けて1点を奪いにいったソフトバンクに軍配が上がった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)