岩瀬&藤川と比較しても内容抜群 ソフトBサファテの46セーブを徹底分析

岩瀬&藤川と比較しても内容抜群 ソフトBサファテの46セーブを徹底分析

ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:編集部】

NPB史上に残る大記録、05年岩瀬&07年藤川との成績の違いは?

 9月2日の楽天戦、ソフトバンクのサファテは9回に登板して先頭の島内に中前打を打たれたものの無失点に退け、サファテがNPBの最多セーブ記録「46」にならんだ。最近の出来から考えてほぼ確実とはみられていたが、NPB史上に残る大記録だ。

 これまで2005年の中日・岩瀬仁紀、2007年の阪神・藤川球児が46セーブをマークしている。サファテは3人目、パ・リーグでは初めてだ。パの史上2位はサファテ自身が昨年記録した「43」。46セーブを記録した3人の記録を比較しよう。

○2005年 岩瀬仁紀(中)
60試合 1勝2敗46セーブ2ホールド
57回1/3 防御率1.88

○2007年 藤川球児(神)
71試合 5勝5敗46セーブ6ホールド
83回 防御率1.63

○2017年 サファテ(ソ)
57試合 2勝2敗46セーブ3ホールド
57回 防御率0.95

 2007年の藤川は試合数、投球回数、ホールド数が多い。3人の中でサファテは防御率が1番良い。さらに投球内容を細かく見ると、3者の違いが見えてくる。

○岩瀬仁紀(中)
被打率.236、WHIP1.03、被本塁打0、K/BB 6.50

○藤川球児(神)
被打率.175、WHIP0.82、被本塁打2、K/BB 6.39

○サファテ(ソ)
被打率.162、WHIP0.70、被本塁打3、K/BB 10.00

 被打率も、WHIP(1イニング当たりに安打、四球で出した走者数)も、K/BB(奪三振÷与四球)もサファテが3人の中でトップ。唯一、被本塁打は3本で最多だが、今年のサファテは本塁打でも打たない限り攻略できないと言い換えても良いかもしれない。

史上初の50セーブも確実、柳田とともにMVP有力候補か

 3人の自責点なし試合数。

○岩瀬仁紀(中)60試合中、自責点なし53試合(88.3%)

○藤川球児(神)71試合中、自責点なし60試合(84.5%)

○サファテ(ソ)57試合中、自責点なし52試合(91.2%)

 サファテは46セーブで並ぶ他の2人よりも内容的に抜群であることがわかる。

 ソフトバンクは残り22試合、史上初の50セーブも確実だろう。そうなれば、打の柳田悠岐とともにMVPの有力候補になる。ただ今季は、もう一人、空前の記録を残しつつある救援投手がいる。楽天の松井裕樹だ。これは特筆しておきたい。

○2017年松井裕樹(楽)

45試合 3勝1敗29セーブ5ホールド
46回2/3 防御率0.19
被打率0.140 WHIP0.82 被本塁打0 K/BB 2.22
45試合中、自責点なし44試合(97.8%)

 7月27日に左肩の故障で登録抹消されるまで、松井はサファテとセーブ数で激しく競っていた。松井が戦線離脱してから楽天は失速した。8月19日に再登録されてからは、チームは負け試合が多く、登板機会は少ないが、45試合に登板して自責点わずか1という驚異的な成績を残している。

 今後の成績次第だが、2017年はサファテ、松井裕樹という球史に残る救援投手を出した年として記憶されるのではないか。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)