キューバ撃破の立役者となった2年生打者 監督の言葉を実践したタイムリー

キューバ撃破の立役者となった2年生打者 監督の言葉を実践したタイムリー

キューバ戦に出場した侍ジャパンU-18代表・小園海斗【写真:沢井史】

キューバ撃破の立役者となった小園、2番起用に応える

 前日のアメリカ戦はチームでわずか2安打。そのうち1本を放った小園海斗(報徳学園)だったが、何としてでも打撃で何かを残さなくてはいけなかった。「今日の悔しさを忘れてはいけない」。敗戦後、選手間でそう言い合っていた。

侍ジャパンU-18代表、キューバに快勝! オーダー変更も奏功、小園は3安打2打点の活躍(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 迎えた3日(日本時間4日)の「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)第3戦キューバ戦。侍ジャパンU-18代表を率いる小枝守監督は「選手たちも必死だった。今日はとにかく日本の野球をやろうということで、一つになったと思います」と、選手たちの気迫を感じていた。

 その中で、初めて2番に座った小園は5打数3安打2打点、タイムリー2本と気を吐いた。

「今日は1打席目、3打席目に三振をしていたので、(6回の適時打は)体の開きを気にしていたんです。監督にも踏み込んでいけと言われたので、その通りに打てました」

カギを握る“動くボール”への対策

 新チームでは1番を放つが、中学時代は枚方ボーイズで藤原恭大(大阪桐蔭)と1、2番コンビを組んでいた。今大会好結果を残す同じ2年生のライバルの姿も刺激になっている。

「2年生だから思い切りプレーができるので、(藤原)恭大とは2年生同士で盛り上げていこうと言っています。いつも楽しくやらせてもらっています」

 国際大会では外国人投手の“動くボール”対策がネックとなる。「最後までしっかりボールを見ないととらえられない。あとは体の軸を残して、開かずに真っすぐにつことを心掛けています」。

 結果的には7-2と点差は開いたが、序盤は苦しい展開だったこの日の試合。「これからも厳しい展開の試合が続くと思います。それでも自分の思った通りのプレーができるようにしたいです」。米国戦の重苦しいムードを払拭した小園の躍動は、今後打撃陣にも大きな刺激を与えそうだ。(沢井史 / Fumi Sawai)

関連記事(外部サイト)