注目集まる田中将大の決断…契約破棄すべきか否か、米メディアがアンケート

注目集まる田中将大の決断…契約破棄すべきか否か、米メディアがアンケート

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

今季序盤は不安定も後半戦は復調、再び注目浴びるシーズン後の去就

 レギュラーシーズンが残り1か月を切ったメジャーでは、早くも今オフの“ストーブリーグ”の話題で盛り上がっている。フリーエージェント(FA)となる選手は誰か、どのくらいの契約が結べそうか、どのチームへ移籍するのか、など、予想合戦が繰り広げられているが、同時に注目されるのが、今季終了後にオプトアウト(契約破棄)の権利を持つ選手の決断だ。8月31日(日本時間9月1日)にエンゼルスへトレード移籍したジャスティン・アップトン外野手と並び、大きな関心を集めているのが、ヤンキース田中将大投手の決断だ。

 2013年1月にヤンキースと総額1億5500万ドル(約170億1700万円)の7年契約を結んだ日本人右腕だが、2017年のシーズン終了後に契約を破棄してFAになれるオプトアウトの権利が盛り込まれていた。今季開幕前は、地元ニューヨークメディアを中心に大方は「オプトアウトする」と予想していたが、いざシーズンが始まってみると不安定な登板が続き、世論は一気に「オプトアウトしない」という予想に傾いた。だが、6月下旬以降は落ち着きを取り戻し、メジャー移籍以来4年連続2桁勝利を達成。後半戦は8試合に先発し、4勝2敗、防御率2.73、WHIPは0.968と復調したことで、再びオプトアウトを巡る田中の決断に注目が集まり始めた。

 米野球専門サイト「MLBトレード・ルーモアズ」では、「マサヒロ・タナカの未来」と題した特集を展開。読者に「タナカはオプトアウトするか、しないか」の二者択一で決断を予想させている。同時に日本人右腕を巡る状況について分析。田中は今季開幕までの3シーズンで75試合に先発し、防御率3.12、奪三振率8.17、与四球率1.54、ゴロ率47.4パーセントの成績で、同時期に田中を上回る防御率を記録したア・リーグ先発投手はコーリー・クルーバー、クリス・セール、フェリックス・ヘルナンデス、ギャレット・リチャーズの4人だけで、田中のfWAR(ファンクグラフス算出のWAR)の3シーズン合計値10.0を上回るのは、9人だけだという。

6月23日レンジャーズ戦以降の12試合は防御率2.77「エースのような数字」

 ただし、今季序盤は乱調で自身初となる6連敗も経験。その中でも特に問題視されたのが、被本塁打の多さだ。記事によれば、昨季までの3シーズンを見ると、田中が許した飛球に対する本塁打の割合は14.1パーセントだったが、今季は20パーセントまで急増。その原因は、開幕から6月17日アスレチックス戦までの14試合で21被弾したことにあったが、6月23日レンジャーズ戦以降は12試合で8被弾まで減少した。また、その12試合のうち9試合でクオリティースタート(6回以上自責3以下)を記録し、防御率2.77、82奪三振、15四球と「エースのような数字」を残している。

 復調した田中がオプトアウトする決断を下し、FAとなる可能性もあるが、その場合は今季終了後にFAとなるダルビッシュ有、ジェイク・アリエッタらと並び、FA市場の目玉となるだろう。もちろん、田中には2014年に判明した右肘内側側副靱帯の損傷というリスクが常について回る。このペースでいけば、今季も30試合以上での先発登板に達し、2年連続で30試合登板を果たすことになる。記事では「キャリアを通じて丈夫な部類には入らなかった投手にしては、非常にプラス」と評価しているが、実際に球団幹部はどう見るのかは興味深い。

 読者アンケートが始まってから約16時間を経過した時点で、田中がオプトアウトするという意見(約53パーセント)が、しないという意見(約47パーセント)をわずかに上回ったが、数字は拮抗している。ファンの目から見ても、どちらに転んでもおかしくない田中の決断。シーズン終了後には、さらに大きな注目を集めることは間違いない。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)