侍ジャパンが南アに大勝、4勝1敗でスーパーRへ 清宮が待望の高校通算110号

侍ジャパンが南アに大勝、4勝1敗でスーパーRへ 清宮が待望の高校通算110号

南アフリカ戦に出場した侍ジャパンU-18代表・清宮幸太郎【写真:Getty Images】

清宮は今大会1号で自身の記録更新、格下の相手に今大会初のコールド勝ち

 侍ジャパンU-18代表は5日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のオープニングラウンド第5戦で南アフリカと対戦し、12-0で7回コールド勝ち。清宮幸太郎内野手(早実)に待望の今大会1号、自身が持つ高校通算本塁打記録を110本へと伸ばす一発が飛び出すなど、格下の相手に大勝した。すでにオープニングラウンド突破が決まっていた日本は、4勝1敗でスーパーラウンドへ進むことになった。

侍ジャパンU-18代表、鮮やか逆転劇&1失点リレーでオランダ撃破、スーパーR進出決定!(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 日本は2回、1死三塁の好機を作ると、増田の左翼への犠飛で1点を先制した。さらに、3回は鯨井が相手エラーで出塁すると、盗塁で三塁へ。ここから、丸山が右中間へのタイムリーツーベース、小園がレフトへのタイムリーを放つ。小園がすかさず二盗に成功し、相手捕手のエラーを誘って三塁に進むと、安田はセンター前にポトリと落ちる適時打。続く清宮の打球は落下地点に入っていたレフトが捕球できず、記録はツーベースで1死一、三塁となり、井上はライトへタイムリーを放った。その後、増田もセンター前へのタイムリー。一挙6点を奪うビッグイニングとなった。

 そして、4回にはサンダーベイに待望の快音が響く。2死走者なしで打席に立った清宮が、3ボール1ストライクから右腕オブライエンのチェンジアップをフルスイング。完璧に捉えた打球がライトのフェンスを越えると、清宮はゆっくりとダイヤモンドを一周した。これが今大会1号。高校通算110本塁打として、自身の史上最多記録を更新した。

 5回には小園の一塁内野安打で二塁走者の鯨井が一気に生還。さらに、相手の暴投で1点を加えて10-0とすると、6回にも相手失策、押し出し四球で2点を追加した。

 投手陣は、先発の三浦が5回3安打無失点7奪三振と好投。6回は櫻井が登板するも、3四球で1死満塁として降板。しかし、清水が2者連続三振に仕留めてピンチを切り抜けた。清水は7回も抑えて、大会規定で7回コールド勝ち。オープニングラウンドを大勝で締めた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)