侍ジャパン小枝監督、清宮の一発に安堵「追い込んだ方が良いタイプかも」

侍ジャパン小枝監督、清宮の一発に安堵「追い込んだ方が良いタイプかも」

侍ジャパンU-18代表・小枝守監督とマウンドに集まるナイン【写真:Getty Images】

大勝でスーパーラウンドへ、チームは「本音を言い合えるようなムードになってた」

 侍ジャパンU-18代表は5日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のオープニングラウンド第5戦で南アフリカと対戦。12-0で7回コールド勝ちし、4勝1敗でスーパーラウンドへ進むことになった。清宮に今大会初本塁打が飛び出し、自身が持つ高校通算本塁打記録を110本に更新。主将の待望の一発に、小枝守監督も「本当にいい当たりでした」と安堵の表情だった。

侍ジャパン女子代表、1試合残してアジアカップ初代王者に! 開幕4連勝で決めた(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 すでにスーパーラウンド進出を決めていた日本は、3回に6点を奪うなど、序盤から南アフリカを圧倒。7点リードの4回には、清宮の豪快なソロ本塁打も飛び出した。その後も着実に加点。投げては、今大会初先発の三浦が5回無失点と好投した。

 小枝監督は試合後、「今日出た選手が持ち味が出せたかなと。(打線の)軸も振れるようになってきましたし、少しずつ上がってきているような、そんな気がします」と振り返った。

 清宮の大会1号については「練習の時からそろそろ芯に当たるんじゃないかなと言ってはいたんですけど、今日は本当にいい当たりでしたね」と笑顔。さらに「打つ体の姿勢が当初はブレが大きすぎたので、自分で対応しなきゃという焦りがあったんですけど、やっぱり追い込んだほうが良いタイプかもしれませんね」と話した。

 また、投手陣についても「三浦くんはあのまま僕は評価してるので、コーナーワークが非常にいいということで、いい思います。あと清水くんがだいぶボールが走ってきたので、この間の雨の状態で投げるより楽に投げられたと思います」と手応えを感じた様子だった。

「どうしても急造のチームなのでお互いを知り合うことが難しいんですけど、ようやく仲良しクラブではなく、本音を言い合えるようなムードになってきました」と確かな手応えを示した指揮官。初優勝へ向けて、侍ジャパンが確実に前進している。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)