苦しんだ清宮、「試行錯誤」の末に待望1号 取り戻した「自分らしさ」とは

苦しんだ清宮、「試行錯誤」の末に待望1号 取り戻した「自分らしさ」とは

南アフリカ戦に出場した侍ジャパンU-18代表・清宮幸太郎【写真:Getty Images】

記録更新の高校通算110号、「節目の一本だったかなと思います」

 侍ジャパンU-18代表は5日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のオープニングラウンド第5戦で南アフリカと対戦。清宮幸太郎内野手(早実)が4回に今大会初本塁打を放つなど、12-0で7回コールド勝ちした。清宮は自身が持つ高校通算本塁打記録を110本に更新。今大会が開幕してから苦しんでいたが、「試行錯誤」の末の一発に「自分らしさというのが分かってきた」と手応えを示した。

侍ジャパンU-18代表、鮮やか逆転劇&1失点リレーでオランダ撃破、スーパーR進出決定!(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 完璧な一発だった。4回2死走者なしの場面。清宮が鮮やかな放物線を描いた。チェンジアップを捉え、「打った瞬間いったなと思いました」と振り返る豪快な本塁打。「110って響きもいいですし、節目の一本だったかなと思います」。主砲が“復活の狼煙”を上げた。

 大会開幕後は苦しみ、第3戦のキューバ戦後には「全然ダメです」「調子が悪い時の自分が全部出ている。体が開きまくってわけわからなくなっている」とこぼしたこともあった。ただ、第4戦のオランダ戦から復調傾向。そして、待望の一発が飛び出した。

「だんだん昨日から自分の形になってきていて、打撃もよくなってきているので、この感じでしっかり次もやっていきたいと思います。2年前も全然駄目で、今回もこっちに来てからあまり調子上がってなかったんですけど、やっと分かってきたというか、これが自分らしさかなというのが分かってきた気がします」

「みんなすごく喜んでくれていたので、それが1番嬉しかった」

 自分らしさとは何か。

「柔らかさとかだと思いますね。上半身、下半身全てにおいてゆったり、自分の形で打つことが大事かなと思いました。開きというか、逆に入りすぎたりしてたので、その辺を変えたり、色々と試行錯誤しましたけど、今のところいい感じで来てます」

 こう振り返った大砲は、この110号は特別な一発かと聞かれ「あんまり変わらないですけど、110って響きもいいですし、節目の一本だったかなと思います」と笑った。そして、主将として誰よりもチームのことを考えるからこそ、自身の本塁打でムードが変わったことを「(ベンチに)帰ってきてからも『やっとだな』みたいに言われましたし『遅いよ』とも言われましたし。みんなすごく喜んでくれていたので、それが1番嬉しかったです」と喜んだ。

「新たな目標ができたというか、漠然としたものがこの予選ラウンドで明確なものに変わったので、みんなの目指すところが分かりやすくなったと思いますし、そこに向けて1つずつ勝っていかないといけないので、これから負けられない試合が続きますけど、しっかりもう1回気を引き締めてやっていきたいと思います。(目標は)スーパーラウンドしっかり勝ち抜いて、決勝でどこが勝ってくるか分からないけど、しっかり倒して優勝することです」

 唯一の1年生として臨んだ2年前は、決勝で悔しい思いをした。初の世界一へ、この先も清宮らしくチームを牽引する。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)