4番清宮には待望の一発も…苦悩の3番安田「どうしても欲が出てしまう」

4番清宮には待望の一発も…苦悩の3番安田「どうしても欲が出てしまう」

侍ジャパンU-18代表の安田【写真:沢井史】

南ア戦は2安打も「まだまだ」、「インコースへの対応をしっかりしないと」

 侍ジャパンU-18代表は5日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のオープニングラウンド最終戦で南アフリカと対戦。12-0の7回コールド勝ちで、4勝1敗でスーパーラウンドへ進むことになった。清宮幸太郎(早実)に待望の今季1号が飛び出したが、不動の3番に座る安田尚憲(履正社)は苦しんでいる。

侍ジャパンU-18代表が南アフリカに大勝 主将の清宮に待望の今大会1号が飛び出す(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 主砲の清宮に一発が出たことで、安田のバットにもますます期待が膨らむ。だが、当の本人は「まだまだです」とやや渋い表情を見せる。

 オープニングラウンド5試合を終え、17打数5安打。この日に限って見れば4打数2安打だったが、「体がどうしても開いてしまって。(試合前のフリー打撃では)逆方向を意識して打ってきて、今日の1打席目はいい感じで打てたんです。でも、そこからどうしても欲が出てしまうんです」。以降の打席でもファウルを含め逆方向への打球は少なくはない。それでも捕らえきれていない自信の打撃に満足できていない。

「特に最後の打席(レフトフライ)は…。やっぱり(体の開きが)早いんですよね。(次戦以降は)開きをまず抑えて、インコースへの対応をしっかりしないといけないです」

木製バットへの“慣れ”は問題ではない? 「強い気持ちはずっと持ち続けていきたい」

 夏の大阪大会では7試合で6割を超える打率を残した。準決勝で敗退後も翌日から代表選出を目標に練習を積んできた。木製バットでは普段から練習しているため、すべては“慣れ”の問題ではない。やはり海外の投手の“動くボール”への対応力も問われているのか。

「(ベストの状態を10にすると)今はまだ5か6くらい。でもチームで与えられている役割をしっかり果たすだけです。強い気持ちはずっと持ち続けていきたいです」

 ここまで期待されている打線が、やや精彩を欠いている日本。今日の大勝が、何かひとつのきっかけをもたらすのか。スーパーラウンドでの勝敗の行方は中軸…そして安田のひと振りにかかっていると言っても過言ではない。(沢井史 / Fumi Sawai)

関連記事(外部サイト)