侍J女子代表が5戦全勝優勝、インド戦は無安打無四球無失点の“完全リレー”

侍J女子代表が5戦全勝優勝、インド戦は無安打無四球無失点の“完全リレー”

侍J女子代表 初代アジア女王

侍J女子代表が5戦全勝優勝、インド戦は無安打無四球無失点の“完全リレー”

野球女子日本代表・水流麻夏【写真:Getty Images】

水流、杉本、田中、大野の4投手が走者を1人も出さぬ完璧ピッチング

「第1回 BFA 女子野球アジアカップ」(香港)は6日、大会5日目を迎え、野球女子日本代表「マドンナジャパン」は第5戦でインドに17-0の4回コールド勝ちを収めた。前日の香港戦に勝利し、開幕4連勝で優勝を決めていた日本は最終戦も白星で飾り、5戦全勝。インドを無安打無四球無失点に抑える“完全リレー”で、初代アジア女王としての貫禄を見せつけた。

侍ジャパン女子代表が5戦全勝で初代アジア王者、橘田監督「たくましくなった」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 試合開始直後から、日本が圧倒的な強さを見せつけた。投げては、先発の水流(神戸弘陵学園高)が初回を3者凡退に抑えると、2回は杉本(蒲田女子高)、3回は田中(埼玉栄高)、4回は大野(福知山成美高)が、それぞれ1人も走者を許さない3者凡退リレー。レベルの差があるとは言え、日本は4投手のリレーで完全試合を達成した。

 打線も決して手を抜かないことでインドに敬意を示した。1回に打者16人の猛攻で一挙12点を叩き出すと、2回には6連打で4点を追加。3回にも1点をダメ押し、18安打17得点と圧倒した。4番・緒方(折尾愛真高)が3安打4打点、6番・遠藤(作新学院高)が3安打3打点と、主軸がきっちり仕事を果たした。

 初めて代表チームを率い、5戦全勝でアジア女王に輝いた橘田監督は「とにかく、ホッとしています。国際大会の経験がない高校生ばかりで挑んで、(香港に)入る前からも入ってからも体調不良者が続出しましたが、日に日に順応してくれました」と喜びを語ると同時に、選手の健闘を称えた。(高橋昌江 / Masae Takahashi)

関連記事(外部サイト)