不振にあえぐ清宮を変えた小枝監督の助言、高校通算110号を前に送った言葉

不振にあえぐ清宮を変えた小枝監督の助言、高校通算110号を前に送った言葉

南アフリカ戦に出場した侍ジャパンU-18代表・清宮【写真:Getty Images】

主将で主砲も打率1割台と不調、南アフリカ戦を前に指揮官に相談

 開催中の「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)で熱戦を繰り広げている侍ジャパンU-18代表。5日に行われたオープニングラウンド第5戦では、南アフリカに12-0で7回コールド勝ちを収め、通算成績を4勝1敗とした。

侍ジャパンU-18代表が南アフリカに大勝 主将の清宮に待望の今大会1号が飛び出す(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 この日の南アフリカ戦で、何よりもっとも明るい話題は、キャプテンで主砲の清宮幸太郎(早実)に飛び出した一発だろう。試合は一方的な展開だったが、その中でも価値のあるホームランだった。

「木のバットなので、今までにない感覚というか…何かが違いました。向こう(日本での直前合宿)で2本打った(ホームラン)のとは違います。気持ち良かったです」

 大きな注目を浴びながら、ここまで打率は1割台と不調にあえぐ。言葉にこそ出さないが、超高校級の18歳は胸の内で苦悩に苦悩を重ねていたはずだ。第4戦を終えた前夜、小枝守監督に自らアドバイスを求めに行ったのも、そのためだろう。

 小枝監督は言う。

「(清宮は)アドバイスを欲しがるんですよ。でも、日に日に良くはなってきているので、いいところだけしか言わないようにしています。どうしても前の肩が打とう打とうとして開いちゃいけないからって(逆に)入るようになっちゃっているから、(ヘッドコーチの)大藤先生から『入りすぎてるぞ』とも言われていて。だから『じゃあ開けばいいじゃないか』って言ったんです。最初に楽しておけば、と。そうしたら、逆に(肩が)開かなくなったんじゃないですかね」

試合前の打撃練習では復調を予感させる打球を連発

 確かに、試合前に行うフリー打撃では、徐々にしっかり捕らえた打球が増えてきている印象があった。フライアウトに倒れても、本来持つ自身の力強い当たりに徐々に近づいている。こうなれば、ホームランを打つ日もそう遠くはないーー。そう予感させる雰囲気があった。

 ホームランを期待されるスラッガーゆえに、求められるハードルの高さも人並みではない。アメリカ、キューバなど好投手に苦しめられた試合もあったが、前日のオランダ戦で放った左中間二塁打のように、逆方向にも強い当たりが出るようになった。復調の道をたどっているサインは、ここかしこに見える。

 7日から始まるスーパーラウンドでは、チャイニーズ・タイペイや韓国などの好投手と対戦する可能性が高い。それだけに、オープニングラウンド最終戦で高校通算110号をスタンドに叩き込み、”これぞ清宮”という打球を世界の地で見せつけた意味は大きい。

 世界ランキング1位の日本が誇る、U-18世代最強打者は、ここからさらに凄みを増し、輝きを放っていくはずだ。(沢井史 / Fumi Sawai)

関連記事(外部サイト)