鷹・柳田が驚異の6戦5発 西武には新星が出現…パ週間ベストナインは?

鷹・柳田が驚異の6戦5発 西武には新星が出現…パ週間ベストナインは?

西武・鈴木将平(左)とソフトバンク・柳田悠岐【写真:荒川祐史】

オリックスが4勝1敗1分で再開脱出、ソフトバンクは楽天に3連勝

 新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れで開幕したプロ野球。開幕4週目となった7月7日から7月12日までの1週間には球界で大きな動きがあった。7月10日から有観客試合が再開され、5000人という上限があれど、スタジアムにファンが戻ってきた。

 ここでは7月10日から7月12日までの各球団の選手成績を検証。2020年のプロ野球第4週のベストナインをFull-Count編集部独自に選出した。こちらはパ・リーグ編だ。

【パ・リーグ現在の順位表】
→1 楽天 21試合13勝8敗0分
→2 ロッテ 20試合11勝9敗0分 1.5
→3 西武 20試合10勝9敗1分 0.5
→4 ソフトバンク 21試合10勝10敗1分 0.5
↑5 オリックス 21試合8勝11敗2分 1.5
↓6 日本ハム 21試合7勝12敗2分 1.0

【第4週パ・リーグ】
1 オリックス 6試合4勝1敗1分
2 ソフトバンク 6試合4勝2敗0分
3 西武 5試合3勝2敗0分
4 ロッテ 5試合2勝3敗0分
5 楽天 6試合2勝4敗0分
6 日本ハム 6試合1勝4敗1分

 第4週は下位に沈んでいたオリックスとソフトバンクが好調だった。オリックスは本拠地・京セラドームで日本ハムと対戦して4勝1敗1分と3つの勝ち越し。日本ハムを追い抜き、最下位から脱出した。ソフトバンクは首位の楽天と対戦。1勝2敗スタートとなったが、有観客となってから怒涛の3連勝。今季初めての3連勝で勝ち越し、勝率を5割に戻した。

金子侑の代役として出場する西武の鈴木が5試合全てで安打を放つ

【第4週パ週間ベストナイン】
先発 山本由伸(オリックス)
救援 モイネロ(ソフトバンク)
捕手 甲斐拓也(ソフトバンク)
一塁 明石健志(ソフトバンク)
二塁 大城滉二(オリックス)
三塁 松田宣浩(ソフトバンク)
遊撃 安達了一(オリックス)
左翼 鈴木将平(西武)
中堅 柳田悠岐(ソフトバンク)
右翼 吉田正尚(オリックス)
指名 栗山巧(西武)

 1週間で白星を稼いだオリックスとソフトバンク勢が多く選出されることになった。捕手は甲斐。ここまで苦戦が続いていたが、この1週間は1試合でスタメンから外れたが、打率.417をマーク。しぶといバッティングで4打点をあげ、リード面でも投手陣を引っ張って、特に後半3試合では楽天打線を封じ込めた。

 一塁の明石はパ・リーグでトップとなる打率5割をマーク。下位打線でチャンスメークし、得点に繋げた。三塁の松田宣はここまで大不振だったが、有観客になって“激変”。2試合連続で本塁打を放つなど、3試合全てで打点をあげた。1週間の打率も.333だった。そして、第4週でMVPをあげるとすれば、柳田だろう。この1週間の打率は.455をマークし、リーグダントツの5本塁打。有観客再開初戦のサヨナラ弾など勝利に直結する一打も光った。

 オリックスからは二塁の大城、遊撃の安達、右翼の吉田正を選出。大城はこの1週間、打率.400と好調。安達は4試合にしか出場しておらず打席は少ないが、打率.308で守備面でもチームに大きく貢献した。吉田正は打率.409と、白星を積み重ねたチームで打線を牽引した。

 西武の鈴木は5試合全てでスタメン起用され、全5試合で安打を放って週間打率は.409。金子侑司に代わって中堅で起用されることが多いが、7月7日のロッテ戦で左翼を守っていることもあり、今回は左翼で週間ベストナインに選んだ。指名打者では打率は.235ながら7打点をあげた栗山を選んだ。

 また、投手では先発をオリックスの山本とした。山本は12日の日本ハム戦で先発し、9回を投げて4安打1失点、13奪三振と圧巻の好投を見せた。リリーフはモイネロ。3試合に投げて無失点。9つのアウトのうち7つを三振で奪う内容で3ホールドをマークした。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)