広島、8回同点→延長で連夜サヨナラ 緒方監督「選手の頑張りは大したもの」

広島、8回同点→延長で連夜サヨナラ 緒方監督「選手の頑張りは大したもの」

広島 連日のサヨナラでM10に

広島、8回同点→延長で連夜サヨナラ 緒方監督「選手の頑張りは大したもの」

広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】

敗色濃厚の展開から逆転、最後は會澤が劇的一打「すごい試合」

 広島は5日、マツダスタジアムで行われた阪神戦に4-3でサヨナラ勝ちし、優勝へのマジックを「10」とした。延長11回までもつれ込んだ連夜の劇的勝利に。緒方監督は「すごい試合だった」とチームの粘りに驚いた様子だった。

 阪神先発の岩田に7回途中まで4安打に抑えられ、8回表まで3点ビハインドと敗色濃厚の展開だった。しかし、8回裏に阪神3番手のマテオから丸と安部のタイムリーで同点に追いついた。緒方監督は「野手が執念の気持ちで8回に追いついて2日連続のサヨナラ。選手の頑張りは大したもの」と選手を褒めるしかなかった。

 11回には途中出場の上本が四球で出塁し、盗塁を決めて會澤のサヨナラ打につなげた。緒方監督は「上本が出て、スチールを決めてくれて、相手にプレッシャーのかかる場面を作ってくれた」と出場機会の少ない伏兵に感謝。さらに「機動力あっての攻撃スタイル。あそこでスタートできないようではダメ」と厳しい指揮官も「ウチのいい野球ができた」と満足そうだった。

 リーグ連覇に向けて、最後の天王山となった2位阪神との3連戦で2試合連続サヨナラ勝ち。4番鈴木の離脱で沈みかけたチームが、ラストスパートに拍車がかかった2試合となった。(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

関連記事(外部サイト)