日本野球の「レベルダウン」に警鐘 クロマティがアカデミー設立を目指すワケ

日本野球の「レベルダウン」に警鐘 クロマティがアカデミー設立を目指すワケ

ウォーレン・クロマティ氏【写真:編集部】

巨人で活躍したクロマティ氏、「私は選手の自己表現をもっと見たい」

 巨人史上最強の助っ人と呼ばれるウォーレン・クロマティ氏が、7月に宮城県石巻市で行われたリトルリーグ小学4・5年生の全国大会「MLBカップ」にゲストとして参加するために来日。16チーム、250人の野球選手に直接指導を行い、東日本大震災の被災地復興にも2年連続で貢献した。日本の野球文化と競技レベルの発展を願うクロマティ氏は都内でインタビューに応じ、英語で指導するベースボールアカデミー設立を計画していることを明らかにした。

「今回来日した目的の1つはMLBカップです。MLBジャパンと日本のリトルリーグの王者を決める大会に2年連続で協力することができました。私自身も素晴らしい大会を楽しむことができました。参加したチームだけではなく、大会運営に携わった方々、2年連続で参加できたので、石巻の人々、野球少年と絆を育むこともできました。みんな私の名前を呼んでくれます。少年だけでなく、お母さん、スタジアムで働いている女性スタッフの方も“クロマティ、クロマティ”と呼んでくれました。忘れられていないということは本当に幸せなことです。震災復興に貢献できることも素晴らしいことでした」

 柔和な笑みを浮かべながらこう語ったクロマティ氏は、NPB史上屈指の助っ人として絶大な人気を誇った。メジャーリーグのモントリオール・エクスポズ(現在のワシントン・ナショナルズ)から巨人に加入したクロマティ氏は1984年から90年まで7シーズンに渡って活躍。1989年にはMVPに輝き、通算打率も.321をマークするなど輝かしい成績を誇っただけでなく、ヒットやホームランを放った後のバンザイパフォーマンスも有名だった。

 今回は2か月間、日本に滞在することになるクロマティ氏は東京ドームなどで公式戦を観戦。テレビでNPBや甲子園もチェックするなど、日本野球の現在地を観察した。その上で、日本野球に対する心からの提言をしている。

「このことは言わせて下さい。私はテレビなどで日本のプロフェッショナルの野球のレベルを見ていてがっかりしています。レベルダウンしています。野球に対する関心、ファンの熱意は健在です。しかし、競技面でのレベルは少し落ちてますね。進化という部分というか、メンタル面の部分なのか、日本の野球はワンパターンと言ってもいいかもしれません。日本の野球はずっと同じで、サプライズというものが欠けています。言うなれば、全てが予想可能なのです。先頭打者がヒットを打てば、次の打者はバントする。驚きという要素、本能と呼ぶべきものが足りません。ベースボールと野球はリズムが違いますね。依然としてあまりに組織立っているというか。ですから、私は選手の自己表現をもっと見たいと思っています」

「英語で子供や指導者を指導するベースボールアカデミーを設立したい」

 メジャーで基本技術や戦術実践能力を高く評価される日本の野球選手だが、その反面、観衆を驚かせる意外性には乏しいと指摘する。巨人入団以前にエクスポズで活躍していたクロマティ氏には、メジャー流と日本流の両方を体験したからこそ、伝えたいことがあるという。

 地元フロリダ州で野球教室を展開しているという“史上最強助っ人”は、自身の指導法について熱弁をふるう。

「ファンダメンタル(基本技術)、アグレッシブさ、テクニック(応用技術)。自分の指導哲学はこの順番で重要にしています。子供だけじゃない。先生、コーチ、両親にも教えてあげたい。私にはゴールがあります。私の目標は次の5年から10年の間、日本で過ごしながらベースボールアカデミーを設立することです。英語で子供や指導者を指導するベースボールアカデミーです。子供への指導も、コーチ教育も英語です。

 従来の日本の野球とは異なるテクニックを教えたい。これまでの日本式と違ったアプローチの指導法を伝授します。日本球界を発展させるためには、もっとメジャーで活躍する日本人選手が増えることは有益だと考えています。今、日本の小中学校でも英語教育にとても力を入れていると聞いています。そのためにも素晴らしいアカデミーになると思います」

 スポンサーとの折衝などもすでにスタートさせているというクロマティ氏は、こう話しながら目を輝かせた。規律や基本技術のみならず、子供たちや指導者に旺盛な自己表現を促し、英語教育を進めるという“クロマティスタイル”のベースボールアカデミー。実現すれば、日本球界に新しい風をもたらす、画期的な試みになるかもしれない。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)