7日のプロ野球志望届 木須デソウザら7選手が公示 高校生は計16人に

7日のプロ野球志望届 木須デソウザら7選手が公示 高校生は計16人に

今年のドラフト会議は10月26日に行われる予定

市西宮の右腕・山本拓実らが提出

 日本高野連は4日から公式サイトで「プロ野球志望届」提出者の掲載を開始し、7日は御殿場西(静岡)の木須デソウザ・フェリペ捕手ら新たに7選手が公示された。これで6日までの9選手と合わせ、高校生は計16人となった。

 同日はそのほか、市西宮(兵庫)の山本拓実投手、神戸弘陵(兵庫)の東晃平投手、創志学園(岡山)の難波侑平投手、八重山商工(沖縄)の平良海馬投手、横浜(神奈川)の喜多村巴投手、糸魚川白嶺(新潟)の綱島龍生内野手が公示された。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)