侍ジャパン、4回追いつかれるも安田が勝ち越し適時二塁打!

侍ジャパン、4回追いつかれるも安田が勝ち越し適時二塁打!

侍ジャパンU-18代表・安田尚憲【写真:Getty Images】

2-2の4回裏に安田が勝ち越しのタイムリー二塁打

 侍ジャパンU-18代表が7日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のスーパーラウンド第1戦、オーストラリア戦で4回裏に勝ち越しに成功した。

侍ジャパンU-18代表が南アフリカに大勝 主将の清宮に待望の今大会1号が飛び出す(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 この日は初回に櫻井周斗(日大三)のタイムリーなどで2点を先制。しかし3回まで無失点に抑えていた先発の磯村峻平投手(中京大中京)が4回2死から4連打を浴びて同点に追いつかれた。

 しかしその裏、日本はすかさず反撃。2死一、三塁から3番・安田尚憲(履正社)が右翼線を破る勝ち越しタイムリー二塁打をマークして1点を勝ち越した。続く清宮幸太郎(早稲田実)が四球を選んで満塁としたが、ここでは櫻井が凡退して1点止まりだった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)