侍、延長11回タイブレークで豪州撃破 安田が劇的サヨナラ打!

侍、延長11回タイブレークで豪州撃破 安田が劇的サヨナラ打!

オーストラリア戦で劇的なサヨナラ打を放った侍ジャパンU-18代表・安田尚憲【写真:Getty Images】

安田の中前打でサヨナラ勝利、スーパーラウンド白星発進

 侍ジャパンU-18代表が7日(日本時間8日)、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のスーパーラウンド第1戦、オーストラリア戦で4-3とサヨナラ勝利を収めた。無死一、二塁から始まるタイブレークとなった延長11回に安田尚憲(履正社)のサヨナラ打で勝利した。日本はこれでオープニングラウンドから5勝1敗とした。

侍ジャパンU-18代表、オーストラリアとの激闘制す 世界一へ「勢いに乗る」勝利(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 この日は初回に櫻井周斗(日大三)のタイムリーヒットなどで2点を先制。3回、先発の磯村峻平(中京大中京)が4連打を浴びて同点に追いつかれたが、その裏、安田のタイムリー二塁打で勝ち越しに成功した。しかし6回、相手の犠飛で再び同点となり、タイブレークの延長戦に突入。迎えた11回に安田が1死満塁から中前安打を放ち、サヨナラ勝利を収めた。

 日本は先発の磯村が6回8安打8奪三振3失点の粘投を見せた後、2番手の清水達也(花咲徳栄)が4回1安打3奪三振無失点の好救援。タイブレークの延長10回も点を与えなかった。さらに11回は3番手・田浦文丸(秀岳館)が1死満塁から2者連続三振に仕留めて点を与えなかった。

 安田は3安打2打点の活躍。日本は8日(同9日)にカナダと対戦する。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)