「マドンナジャパン」が初代アジア女王のタイトルとともに得た“財産”

「マドンナジャパン」が初代アジア女王のタイトルとともに得た“財産”

女子野球アジアカップ閉会式前に行われた審判講習会【写真:高橋昌江】

女子野球アジアカップで初代女王に輝いた「マドンナジャパン」

 香港で開催された「第1回 BFA 女子野球アジアカップ」が7日、閉幕した。高校生世代で挑んだ日本は5戦全勝で初代アジア女王になったが、大会中は他国との交流を積極的に行うなど、アジアの女子野球の発展に貢献する姿勢があった。最終日となった7日は、大会最終戦のチャイニーズタイペイ-インドの後、閉会式の準備中に審判講習会が開かれた。日本の選手たちが協力し、審判員の技術向上に一役買った。

 日本の選手たちが守備者と走者に分かれ、グラウンドに散った。橘田恵監督の放つ打球を外野手が追い、走者はダイヤモンドを駆け回った。その打球と選手の動きに応じ、審判員も自身の動きを確認した。

 今年からアジア野球連盟(BFA)の審判長を務める小山克仁さんは、この審判講習会を開いた意図をこう話す。

「日本として何かできることはないかとずっと考えていました。審判のテクニックが日本と比べると劣る国がある。いろいろとアドバイスをしていると、やっぱり、教えてほしいと言うんです。なぜかというと、教えてもらっていないから。それでも、国際大会に来て審判をしている。だけど、こうやって動くんだよと教えると、彼らはスポンジのように吸収していく。だから、ミスが少なくなり、どんどん審判の評価が上がっているんです。この大会中も1試合ごとに上手くなっていきました」

 審判の動きにはセオリーがある。そのシステムを理解し、常に状況が変わっていく試合の中で適切に動けるようになるには、知識と経験が必要だ。

「審判のレベルは国の野球レベルと比例します。審判が上手くならないと野球の技術は上がりません。審判で一番大切なのはゲームのコントロール能力。ゲームをいかにスピーディーに進められるか。そして、ルール通りにフェアにコントロールできるか」

世界ランキング1位の日本、国際貢献も「世界一」に

 講習会では、野球が発展途上のパキスタンやインドの審判員が多くアドバイスを受けていたが、「野球の強い韓国や台湾のアンパイアも教えてほしい、と参加してくれました。『ありがとう』と言ったら、『私たちが勉強したいんだ。まだまだアンパイアに完成はない』と、そんな話をされました」と小山さんは嬉しそうだった。

 今大会は、カントリーアンパイアとして参加6か国が1人ずつを派遣。BFAからのリクエストで日本、韓国、台湾からはもう1人ずつ。そして、香港のローカルアンパイア6人の計15人がジャッジした。日本からは女性審判員の佐藤加奈さんと松本京子さんが参加。小山さんは国際大会初派遣だった佐藤さんについて、「5試合で審判をしましたが、1試合ごとに上手になり、いろんなところに目がいくようになっていました」と、その成長に目を細めた。

 講習会のラストは2死二塁のタイムプレイを行った。審判員だけではなく、「日本の選手にとっても審判がどう動いているのか、審判がどこを見ているのかが分かったと思います」と小山さん。互いに実りある講習会になった。

「私は世界一のランキングなら、世界一の国際貢献をしてほしいと思っています。日本は野球が強いだけで何もしないじゃないかと言われるのは悔しい。そんなことはないんだ、と。日本は世界に野球を広げている。種を撒いて、芽が出て木になるかといったら、継続性がないのでまだ課題はありますが、特にアフリカなんかでは、JICAの隊員が頑張っています。大会中にインドとパキスタン、めちゃくちゃ上手くなったと思いませんか? なぜかというと、強いチームを見て、真似をしたから。試合ってこうやってやるんだ、と分かったからです」

「せーの!」に「セーノ!」、インド選手の楽しむ姿勢に共感

 この日の審判講習会だけではない。大会中、日本はパキスタン戦後、トスバッティングを教え、クールダウンを一緒にした。インドには試合前のウォーミングアップをともにし、やり方を伝えた。

 いずれも、日本が“教える”立場だったが、阿部希(福知山成美高)は「インドの人たちはアップから楽しんでいて、そういうところはこちらが学ばないといけないことだと思いました。インドやパキスタンの選手たちは1つのことへの楽しさで溢れていた。その気持ちを忘れてはいけないなと感じたので、逆にこちらが有り難かったです」と感謝した。

 吉井温愛主将(履正社高)も「インドの選手たちはアップでさえもとても楽しそうで、本当に野球が好きなんだなと思いました。日本が『せーの!』と言って、数えていたんですけど、インドの人も『セーノ!』と言って、とても楽しんでいました」と、楽しむ姿勢に共感。教えているつもりが、逆に教えられた。

 今大会は各国との交流に審判講習会など、日本も学びながら、アジアの女子野球発展に貢献する姿勢を見せた。日本の選手たちにとっては、獲得した金メダルとともに野球人生の大きな財産になるだろう。(高橋昌江 / Masae Takahashi)

関連記事(外部サイト)