侍ジャパン、清宮111号もカナダに敗戦 決勝進出に黄信号

【第28回WBSC U-18】侍ジャパンU-18代表はカナダに敗戦 清宮幸太郎は高校通算111号

記事まとめ

  • 侍ジャパンU-18代表はスーパーラウンド第2戦でカナダと対戦し、4-6で敗れた
  • オープニングラウンドから持ち越しの成績を含め2勝2敗となり決勝進出に黄信号が灯った
  • 5回裏には清宮幸太郎が、南アフリカ戦に続く2号、高校通算111号本塁打を放った

侍ジャパン、清宮111号もカナダに敗戦 決勝進出に黄信号

侍ジャパン、清宮111号もカナダに敗戦 決勝進出に黄信号

カナダ戦で高校通算111号弾を放つ侍U-18代表・清宮【写真:Getty Images】

一時逆転も7回に3失点で敗戦

 侍ジャパンU-18代表は8日(日本時間9日)、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のスーパーラウンド第2戦でカナダと対戦し、4-6で敗れた。これでオープニングラウンドから持ち越される成績を含めて2勝2敗となり、決勝進出に黄信号が灯った。

侍ジャパンU-18代表、カナダに黒星 決勝進出かけ韓国と激突 清宮「勝ち切りたい」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 スーパーラウンド初戦のオーストラリア戦を延長戦の末に勝利した日本。この日先発のマウンドに上がった徳山壮磨(大阪桐蔭)は初回を無失点で抑えたが、2回に四球と3本のヒットで2点を先制された。それでも打線はその裏、2死一、三塁から西巻賢二(仙台育英)の三塁内野安打で1点を返すと、再びリードを2点に広げられた直後の5回裏には清宮幸太郎(早稲田実)のバックスクリーン弾で再び1点差に詰めた。清宮は南アフリカ戦に続く2号、高校通算111号本塁打となった。

 そして6回、先頭・西巻の四球から無死二、三塁の好機を迎えると小園海斗(報徳学園)の打球を相手二塁が失策し、同点に。なお無死一、三塁で安田尚憲(履正社)の二塁併殺打の間に1点を勝ち越し、逆転に成功した。

 しかし7回に悪夢が待っていた。エラーと暴投で1死二塁とすると、4番ブルックマンが左前安打。これを左翼の櫻井周斗(日大三)が本塁にストライク送球を見せたが、二塁走者は捕手・古賀悠斗(福岡大大濠)のタッチをかいくぐって生還。同点に追いつかれた。さらに2死一、三塁から4番手・清水達也(花咲徳栄)の暴投で勝ち越されると、さらにタイムリーを浴びてこの回3失点。4-6と劣勢に立たされた。

 その後、5番手の田浦文丸(秀岳館)が2回1/3を無安打無失点6奪三振と好救援を見せたものの、打線は得点を奪えずに敗戦。2勝2敗となり、決勝進出は厳しくなった。スーパーラウンド最終戦では3勝1敗の韓国と対戦する。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)