侍U-18で秀岳館2枚看板リレー、田浦から継いだ川端「コンビやから任せろ」

侍U-18で秀岳館2枚看板リレー、田浦から継いだ川端「コンビやから任せろ」

韓国戦に登板した侍U-18代表・田浦(左)と川端(右)【写真:沢井史】

救援5登板の田浦が初先発で5失点「頑張ったと言われましたが…」

「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)は9日(日本時間10日)、スーパーラウンド最終戦が行われ、日本は韓国に4-6で敗れた。この結果、日本の決勝進出はなくなり、10日(同11日)に3位決定戦でカナダと銅メダルをかけた戦いに臨むことになった。

侍ジャパンU-18代表決勝進出ならず、韓国に黒星、小枝監督「詰め切れなかった」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

「ここまで3週間、合宿からやってきて、ここで終わるわけにはいかない!」

 9回表、日本の攻撃を前に、ベンチ前で清宮幸太郎主将(早稲田実)は円陣の中で、大きな声で仲間を鼓舞した。打席が回ってくるため準備をしていた選手にも声を掛け、輪の中に加わらせた。2点を追う展開。この試合の最後になるかもしれない攻撃で、何としても、という思いがにじんでいた。

 前日に続き、負けられない一戦。でも、何かが足りなかった。序盤から互いにミスが続き、点を取り合ったが、なかなか先手を取れない。先発の田浦文丸(秀岳館)はこれまで5試合に登板し、疲労はピーク。その抜けた球を韓国打線は逃さなかった。今大会初めての先発マウンド。「先発としてリズムを作るために抑えてやろうと思ったけれど…。ベンチからは頑張ったと言われましたが、(次のマウンドは)川端が投げていたので応援するだけでした」。ここまでチームに流れを呼び込んできた左腕は、最後までうつむき加減だった。

川端「“秀岳館コンビやから任せろ”と言いました」

 2番手として投げた川端健斗(秀岳館)は1点は失ったものの、結果的には3安打に抑えた。「今までずっと秀岳館で2枚看板としてやってきて、田浦の分もカバーしてあげたいという思いでした。田浦と替わる時も“秀岳館コンビやから任せろ”と言いました」と、アメリカ戦で快投を見せた左腕は淡々と振り返った。

 8戦目ともなると、どの選手も疲労はピークに達しているはずだ。前日のカナダ戦は投手陣を5人も注ぎ込み、総力戦で戦った。「ここまで来ると疲れていない投手はいないし、野手も10日で9試合。スペアはいないに等しい」と小枝監督は話す。毎大会、この段階になると選手の起用が難しいとはいえ、好不調のある選手をどう起用するかも悩みどころだが、疲労の頻度も見抜いた起用も重要だ。とはいえ、前日に続くミスも絡んだ痛い連敗となった。

「明日は必ず勝って終わりたい」

 最後にそう言った清宮キャプテンにとっても高校最後の試合となる3位決定戦。侍ジャパンU-18代表20人全員の気持ちを結束させ、3位決定戦は有終の美としたい。(沢井史 / Fumi Sawai)

関連記事(外部サイト)