「SPORTS ENTERTAINMENT TRADE SHOW 2017」に見るスポーツ界の未来

「SPORTS ENTERTAINMENT TRADE SHOW 2017」に見るスポーツ界の未来

競技の壁を越えた「スポーツ業界の発展」を目指して開催された「SPORTS ENTERTAINMENT TRADE SHOW 2017」【写真:(C)PLM】

「今後のプロスポーツ業界の発展に向け、種目の壁を越えた」イベントは大盛況

「SPORTS ENTERTAINMENT TRADE SHOW 2017」のロゴ入り看板下入口を通り抜けると、スポーツファンには夢のような空間が広がっていた。7月下旬、都内のエキシビジョンホールに数多くのスポーツ関連商材が集結。場内に展示されていたのはユニホームやTシャツ、キャップやタオルなど、スポーツシーンにお馴染みのものから、まだ一般には市販されてはいない商品や試作段階のアイテムまでが色とりどりに並んだ。

「今後のプロスポーツ業界の発展に向け、種目の壁を越えた」と銘打たれたように、イベントに出展した企業は47を数える。各ブースでは、それぞれの会社が自社製品を積極的にプレゼンテーションしていた。来場予定に記された団体は、プロ野球、Jリーグ、Bリーグといったプロスポーツチームだけではなく、ラグビーやプロレス、空手の連盟や、一般企業までを含めて、およそ100に及んだ。

 近年はプロスポーツの枠を越え、新たなファン層の拡大に貢献している“コラボグッズ”が場内で見られた。昨年に『名探偵コナン』とプロ野球12球団がコラボレーションした際、グッズの制作を手掛けたのが「株式会社フォーカート」だ。同社は、今春から新たに『あらいぐまラスカル』の商品を販売したところ、ターゲット層の女性ファンの購買が想像以上に伸びたという。「株式会社レッグス」は今年、楽天と『ダイヤのA』のコラボイベントでグッズ作成を担当した。Koboパーク宮城でイベントが開催される7月2日に、球場外周でのグッズ販売を告知すると、予定時刻の朝8時にはグッズを求めるファンが既に長蛇の列を作っていたそうだ。

「株式会社トレミール」が展開するフェイスシールは、サッカー日本代表を応援する際などに用いられるフェイスペインティングと用途は同じだが、肌への粘着力が高く、剥がす際には水洗いする必要がない。そのため、手軽に装飾が楽しめる。’47 Brandでお馴染み「株式会社OSM International」のエリアスペースに所狭しと並べられたプロ野球や米4大スポーツ選手のボブルヘッドも会場内を彩った。「あまり似ていない」ことがポイントにもなるフィギュアだが、陳列されたものは、顔立ちや表情、プレーの動作までもが誰を模して作られたのかが一目瞭然の精巧さだ。制作の過程で集めた対象の選手の座標データを元に、レーザーを用いて形取りしているというのが納得の出来栄えだった。

パ・リーグ6球団のマーケティング担当者らがワークショップ開催

 近年、スポーツ業界におけるテクノロジーの進化と現場への応用は、目覚ましい発展を遂げている。「パナソニック システムソリューションズジャパン株式会社」のブースでは、ゴルフ選手の顔色から心拍数を解析できる機器が紹介されていた。プレー中に心拍数を測ることはこれまでも可能だったが、最新の技術を駆使すれば選手に特殊な機器を取り付ける必要がない。「株式会社CDG」のエリアに並んだ「ロボホン」は多機能なロボット型の電話で、人の声に反応して会話やアクション、撮影や検索なども器用にこなす。踊りのバリエーションには野球の応援歌も含まれていた。こうした技術は今後、他のスポーツにも広がりを見せて浸透するかもしれない。

 会場内に設営されたセミナー開場には、パ・リーグ6球団やBリーグのプロスポーツチームのマーケティング担当者が登壇。1.「ネット&リアルショップの販売連携と相互作用」、2.店舗運営/管理、3.動員グッズ企画と効果/事例共有、4.ピッチ:先進IOTサービスプレゼンテーション、の全4部に分けられたワークショップが開かれ、熱心な参加者で椅子は埋まり、立ち見も1列や2列ではなかった。開場は交流会、セミナーに加えて、商談会の顔も持つ。すなわち「様々なロットや納期に対応した商品をご提案」することで「スポーツに特化したユニークなグッズやアイデア商品を発掘」できれば、その場で商談にも発展するし、来場者同士が「他クラブと連携して発注することでコストを削減」という話に展開することもありえる。

 競技の壁を越えた「スポーツ業界の発展」が「SPORTS ENTERTAINMENT TRADE SHOW 2017」開催の目的だ。当イベントは、アメリカのウインターミーティングを見本に企画された。毎年12月にMLB30球団とMiLBの代表者が一堂に会するこの一大行事は、4日間に渡って催される。そこでは、運営面での話し合いが持たれることはもちろん、他球団との大物選手の移籍交渉を含めた数々の商談が成立する。選手が対象になることはないとはいえ、「SPORTS ENTERTAINMENT TRADE SHOW 2017」の位置づけは、言うなれば日本版のウインターミーティングだ。過去数回、ウインターミーティングに足を運んだ発起人である東北楽天ゴールデンイーグルスの渡辺太郎氏は、日本のプロ野球だけではなく、スポーツ界全体を巻き込んだイベントの必要性を実感したと語っている。

発起人の楽天・渡辺氏「スポーツ産業の発展につなげたい」

 そうして実現した今回のイベントの感想を聞くと「来場者の関心を取り合うのではなく、顧客を意識したマーケットのシェアができているのが印象的だった」との手応えが返ってきた。「リーグや競技を越えた人たちと交流することができてポテンシャルを感じましたし、お互いが協力することで日本のスポーツ全体が盛り上がるかなという可能性を感じることができた」とも語り、第2回、第3回の構想も示唆されている。

「SPORTS ENTERTAINMENT TRADE SHOW 2017」には「日本でもスポーツをエンターテインメントとしてもっと浸透させ、スポーツ産業の発展につなげたい」との願いが込められている。競技としてだけではなく、ビジネスの手段としてだけでもない。「スポーツで儲けて、強化や育成、振興につなげてカルチャーを作り、地域経済の活性化や健康促進など、人々を豊かにするまでの一連のこと」が「SPORTS ENTERTAINMENT」なのだと、渡辺氏は認識している。プロスポーツが潤えばスポーツ界全体も潤うし、その結果としてスポーツ界が潤えばプロスポーツも潤う。そうした仕組み作りの一助を担うのが「TRADE SHOW」誕生の最大の目的だ。

 今回のイベントは試金石。主催者と出展者、そしてスポーツを愛する人たちの情熱が続く限り、日本の「SPORTS ENTERTAINMENT」と「TRADE SHOW」は、さらなる展開を見せる可能性を秘めている。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)