「自分にとって教科書のような人」ロッテ大嶺が誓う井口への最高の恩返し

「自分にとって教科書のような人」ロッテ大嶺が誓う井口への最高の恩返し

ロッテ・大嶺翔太【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

ベンチの中では井口の近くが定位置、憧れの人の言葉を全身で吸収

 8月25日に1軍再昇格をした。必ず1軍に戻る。2軍で強い決意を持って過ごしていた。想いは通じた。大嶺翔太内野手は約1か月ぶりに1軍の舞台に立っていた。そこには尊敬する井口資仁内野手の姿があった。

「井口さんともう一度、一緒にプレーをしたかった。だから、絶対に1軍に戻ると決意していました。2軍では必死に過ごしていましたし、とにかくアピールをしました」

 背番号「6」に心酔していた。入団まもない頃から憧れの思いで、見続けた。ただ、なかなか声をかけることはできなかった。あまりにも遠い存在だった。1軍に初昇格後にチャンスを狙った。井口と仲のよいチーム関係者に相談をした。「自分から声を掛けたらいいんだよ。喜んで食事に連れて行ってくれるよ」。そう言って背中を押してくれた。

 ある遠征の時、その関係者は井口が試合後のスケジュールが空いている日を調べて教えてくれた。「今日がチャンスだよ。声を掛けてみろよ」。それまであまり会話もしたことはなかった。しかし、この機会を絶対に逃してはいけないと自分に言い聞かせて、声を掛けた。「あの、スイマセン。本日の試合後は空いていますか? 食事、御一緒させていただけませんか」。憧れの大先輩はすぐに快諾をしてくれた。忘れもしない。仙台遠征。井口行きつけの牛タン店で舌鼓をうった。ただ、味はあまり覚えていない。緊張をしていたのと、憧れの人の言葉を聞き逃すまいと神経を研ぎ澄ませていたからだ。

「あれからいろいろと連れて行ってもらった。野球の話もいろいろと聞かせてもらった」

 それ以降、気に留めてくれるようになり、誘ってもらう機会も増えた。大嶺翔もまた、どんどん考え方を吸収しようと貪欲に質問を重ねた。ベンチでは真ん中付近が定位置の井口。いつもその近くに陣取るようにした。技術的な事から、精神的な事までいろいろと教わった。

引退試合の9月24日での1軍入りを目指し、全身全霊でアピール

 今シーズンの中盤、1番を打つことが多かった。本来の持ち味は積極的な鋭い打球だが、1番という打順を意識して、どこか消極的になっていた。声をかけられた。「初球からどんどん積極的に打っていけばいい」。その言葉で楽になった。

 5月30日のタイガース戦(ZOZOマリンスタジアム)、2-2の同点で迎えた2死二塁の場面でタイガース先発・秋山の初球変化球をレフトスタンドへ運んだ。勝ち越し3号ソロ。迷いのないスイングだった。ベンチに戻ってくると井口がハイタッチで迎え、「積極的ないいスイングだった」と声をかけてくれた。自分のスタイルが分かった気がした。

 ベンチスタートの時も近くにいると、その日の相手投手の特徴、傾向などを教えてくれた。学ぶことはあまりにも多かった。だからこそ6月20日に大先輩が引退を発表した時、強いショックを受けた。まだまだ聞きたいことはたくさんあった。

「いつも親切に親身になって相談に乗ってくれた。自分にとって教科書のような人だった。これから心細い気持ちもあります。でも、それだとダメ。教えてもらったことのすべてを忘れずに実践をしていきたい。結果を出したい」

 背番号「6」の引退試合が決まった時から、絶対に9月24日のファイターズ戦(ZOZOマリンスタジアム、14:00試合開始)で1軍入りすることを心に誓う。グラウンドでプレーをする姿を間近で見たい。その場に一緒に立ちたいと思い、歯を食いしばっている。だから、7月31日に抹消となっても決して諦めなかった。2軍で全身全霊アピールを繰り返し、チャンス到来の時を待ってきた。

 憧れの存在と共にプレーができる機会はあと1試合。絶対にその日を逃さない。1軍で結果を出し続け、その場に立つ。背番号「50」は成長をした姿を見せることで最高の恩返しをすると心に誓う。(マリーンズ球団広報 梶原紀章)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)