ロッテ二木、ソフトB和田と投手戦も…7回の3失点に悔い「反省しなければ」

ロッテ二木、ソフトB和田と投手戦も…7回の3失点に悔い「反省しなければ」

ロッテ・二木康太【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

自信4連敗で9敗目、「何とかゼロでいければよかった」

 ロッテ二木が10日、ソフトバンク戦で和田と6回まで無失点の投手戦を演じたが、7回に3点を失い、自身4連敗で9敗目を喫した。

 7回1死から上林に中堅フェンス直撃の二塁打。2死から9番の本多に初球のカーブを中前に運ばれると、明石を歩かせ、今宮と勝負。しかし、フォークを中越えの三塁打とされた。

 中堅サントスが目測を誤り、頭上を越される不運もあったが「上林とは対戦成績がよく、抑えられると簡単に行き過ぎた。(本多のタイムリーは)カーブが甘く入った。初球はボール球から入り、厳しくいくところで、反省しなければいけない」と二木。伊東監督は「よかったんじゃないか」と合格点も、二木自身は「和田さんとの投げ合いで、簡単には点が取れない。先に点を与えてしまった。何とかゼロでいければよかった」と7回の失点を悔やんだ。(細野能功 / Yoshinori Hosono)

関連記事(外部サイト)