ソフトBサファテ、圧巻3連続三振で史上初50セーブ「いい響きの数字だね」

ソフトBサファテ、圧巻3連続三振で史上初50セーブ「いい響きの数字だね」

ソフトバンクのデニス・サファテ【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】

急遽登板、初球ダブルスチールもお構い無し「いつでもいける準備はしていた」

 ついに前人未到の領域に足を踏み入れた。ソフトバンクのデニス・サファテ投手。10日のロッテ戦(ZOZOマリン)で今季50セーブ目を挙げ、史上初めてシーズン50セーブの大台に到達した。
 
 予想外の展開で、出番はやってきた。8回が終わった時点で3-2と1点のリード。当然、サファテがマウンドに上がる展開だったが、9回の攻撃で、明石の適時内野安打に加え、今宮にも2ランが出て4点差に。セーブシチュエーションでもなくなったため、守護神を少しでも休ませるために、森が9回のマウンドに上がった。

 だが、その右腕が先頭から3連打を食らって1点を失い、なおも無死一、二塁。一発出れば、同点の状況となり、工藤公康監督はやむなく、守護神の投入を決断した。

「準備はできていたし、今宮がホームランを打たなかったら、自分がいくはずだった。ホームランが出て1度は座ったけど、何があるか分からないので、しっかりいつでもいける準備はしていました」

 急遽の登板となったが、百戦錬磨の守護神には全くもって影響はなかった。それどころか、圧巻の投球だった。

 初球、いきなりダブルスチールを決められて二、三塁となったが、そんなこともお構い無し。先頭の平沢を空振り三振に仕留めると、高濱、荻野貴も空振り三振。打球を前にも飛ばさせない驚異の3者連続空振り三振で試合を締めくくり「三振を狙っているわけじゃない。とにかく3つしっかりとアウトが取れればいいと思っていた。3つともフライでもいいから、どんな形でもいいから、とにかくストライク先行で、余計なランナーは出さないようにと思っていた」と振り返った。

前人未到の記録も「個人の記録は関係ない」、優勝へ「とにかくチームが勝てばいい」

 9月5日のオリックス戦(京セラD)でシーズン47セーブのプロ野球記録を樹立したサファテ。そこから、たった4試合で3セーブを積み重ね、あっという間に50セーブの大台に乗せた。史上初の50セーブ到達に「50って、いい響きの数字だね」と笑い「あとは、チームのマジックが5まできたので、あと5試合、そっちがメイン。個人の記録は関係ない。あと5試合、10点差でも5点差でも、とにかくチームが勝てばいい。1日でも早く優勝を決めたいと思っているよ」と語った。

「50セーブは凄いですねぇ。ああいう時の気合の入った、これ以上1点もやらないという気迫はさすがだなと思います」と最敬礼した工藤監督は「これまで本当に頑張ってくれていたので、4点差になったので違うピッチャーという選択をしたんですけど、そこはうまくいかなかった。そういう時にサファテに繋がなくていいように、上手くできるようにちょっと考えないといけない。ピッチャーは打たれることもあるんですけど、こういうシチュエーションになるとサファテがキツくなっちゃう」とも言う。

 優勝が目の前に迫ってきたソフトバンク。「キングオブクローザー」サファテにかかれば、絶体絶命のピンチも、大したピンチではなくなってしまう。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)