ヤンキースは大谷翔平を獲得すべき!? 地元メディアはDHでの起用も“進言”

ヤンキースは大谷翔平を獲得すべき!? 地元メディアはDHでの起用も“進言”

日本ハム・大谷翔平【写真:石川加奈子】

オフに狙うべきFA選手で筆頭「ヤンキースタジアムで4打席立たせたいと思うはず」

 レギュラーシーズンも残りわずかとなり、米国での日本ハム・大谷翔平投手への注目度が高まっている。今オフにもメジャー挑戦に踏み切る可能性があると見られており、今季はほとんどマウンドに立てていない右腕の投球を見ようと、先発試合にはMLB球団のスカウトが殺到。実際に渡米を決断すれば、多くのチームが獲得に乗り出すことは確実だ。

 そんな中、ニュージャージー州最大のニュースサイト「NJ.com」は、「ヤンキースがオフシーズンに追いかけるべき11人のフリーエージェント」と題した特集記事を掲載。その筆頭で、「ショウヘイ・オオタニ」の名前を挙げている。

 ヤンキースと言えば、ブライアン・キャッシュマンGMが直々に札幌ドームを訪れ、大谷の先発登板を視察して大きな話題となったばかり。まさに超異例の態勢で“大谷ウォッチ”を続けているが、地元メディアもこの名門球団が二刀流右腕を獲得すべき、と訴えている。しかも、投手としてだけでなく、打者としても起用するべきだと主張しているのだ。

 記事では「何故ヤンキースが関心を抱くべきなのか」という項目で「もしヤンキースが今オフシーズンに大物を狙うとしたら、オオタニは彼らが最も熱心に釣りあげようとする選手のひとりだ…彼が2017年シーズン後に日本から出た場合だが」と分析。その上で「おそらく、ヤンキースはオオタニ獲得のためにDHでの出場機会を多く与えなければならないだろう。また、彼が非常に優れたパワーを持つ左打者であることを考えると、彼らは、ヤンキースタジアムでオオタニに4打席立たせたいと思うはずだ」としている。

大谷は「一生に一度の選手」、11選手の中にダルビッシュの名前はなし

 これまでも二刀流として驚きを与え続けてきたとはいえ、元々、メジャーのスカウトたちからは投手として高い評価を受けてきた大谷。だが、打率.322、22本塁打、67打点をマークした昨年から、打者としての評価もうなぎのぼり。左打者に有利な本拠地を持つヤンキースは、DHとしても使いたがるはずだという。

 さらに、特集では「一生に一度(見られるか)の選手だ、彼はスター投手であり打者である」と絶賛。新労使協定のもとでは、当初はマイナー契約となることから、「お買い得」だとも指摘。ポスティングシステム(入札制度)でかかる2000万ドル(約21億5660万円)の譲渡金についても「メジャー各球団はこの選手をするために、支払うだろう」と、障害にはならないとの見方を示している。

 最後には「ヤンキースがオオタニ獲得へ向けて懸命になっていることを考えてみよう。ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMはオオタニ視察のため、8月下旬に日本へと旅立った」と紹介。ヤンキースが大谷に強い興味を示していることを強調している。

 なお、「NJ.com」は大谷の他に「オフに追いかけるべきフリーエージェント」として、今季でヤンキースとの契約が切れるCC・サバシア投手、アレックス・カッブ投手(レイズ)、マイク・ムスタカス内野手(ロイヤルズ)、エリック・ホズマー内野手(ロイヤルズ)、ジェイ・ブルース外野手(インディアンス)、マット・ホリデイ外野手(ヤンキース)、J・D・マルティネス外野手(ダイヤモンドバックス)、カーティス・グランダーソン外野手(ドジャース)、ミゲル・モンテロ捕手(ブルージェイズ)、レネ・リベラ捕手(カブス)の名前を列挙。多くのメディアから今オフのFAランク1位とされているダルビッシュ有投手(ドジャース)の名前はなかった。
 
 大谷がヤンキースで先発とDHを務める日は来るのか。地元メディアも大きな関心を寄せている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)