侍ジャパン、追加点で6-0と大量リード 三浦が4回まで1安打8奪三振の快投

侍ジャパン、追加点で6-0と大量リード 三浦が4回まで1安打8奪三振の快投

侍ジャパンU-18代表・藤原恭大【写真:Getty Images】

三浦は4回1死までノーヒット投球、清宮には初タイムリー

 侍ジャパンU-18代表は10日(日本時間11日午前1時開始)、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)の3位決定戦でカナダと対戦。4回に2点を加え、6-0と大きくリードを広げた。

侍ジャパンU-18代表、3位決定戦勝利で有終の美 清宮主将「いいチームになった」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 日本は3回、相手のミスを突いて2点を先制すると、無死二、三塁で清宮がセンター前に鮮やかに運ぶ。主将の今大会初タイムリーで3点目を奪い、続く櫻井の左犠飛でこの回4得点とした。

 続く4回は先頭・増田のヒットからチャンスを作り、藤原がタイムリー。さらに、1死一、二塁から安田の適時打も飛び出し、6点目を加えた。

 先発の三浦は初回から快投。伸びのある直球とキレのある変化球で、カナダ打線に付け入るスキを与えない。3回まで無安打投球。4回1死から初ヒットを許したものの、後続を落ち着いて断ち、8奪三振と快投を続けている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)