清宮、最終戦後に涙 高校通算111本塁打で幕「人生を大きく変えることが出来た」

清宮、最終戦後に涙 高校通算111本塁打で幕「人生を大きく変えることが出来た」

カナダ戦でも4番を務めた侍U-18代表の清宮【写真:Getty Images】

最終戦に初タイムリーも「この悔しさをまた次に日本代表に入ることがあれば、晴らせれば」

 侍ジャパンU-18代表は10日(日本時間11日午前1時開始)、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)の3位決定戦でカナダと対戦。8-1の快勝で今大会最終戦を飾り、3位で大会を終えた。清宮は今大会初タイムリーを放ったものの、高校最後の試合でホームランは出ず。試合後は涙を浮かべ、「(高校生活の)2年半で自分の人生を大きく変えることが出来た」と振り返った。

侍ジャパンU-18代表、3位決定戦勝利で有終の美 清宮主将「いいチームになった」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 清宮は4回、無死二、三塁の場面でセンター前ヒット。ここまで3本の犠飛と2本の本塁打で5打点を挙げていた清宮だが、これが今大会初タイムリーとなった。高校生活最後の試合でホームランは出なかったが、カナダに快音を響かせた。

 史上最多の高校通算111本塁打を放ってきた強打者は、高校最後の試合を終えると、悔しさと達成感からか、涙を流した。「勝ったんですけど、ちょっと悔しさが残るというか…本当にキャプテンとしてみんなとやってこれてよかったです」。ベンチで常に大声を張り上げ、チームを鼓舞し続けたが、「キャプテンとしてなかなか貢献できなかった。そんな中で文句を言わずに自分についてきてくれて、最後は本当にみんなが声を出していたし、いいチームになったと思います」と続けた。

 今大会はチャンスで1本が出ず、「まだまだ練習が必要かなと思いました」と清宮。「監督さんも結果が出ない中、自分を4番に使い続けてくれてましたし、なかなか打って還すことができなかったんですけど、それでもメダルは取ることができた。この悔しさは、本当にまた早実で負けたのと違う悔しさがすごく残っているので、もしまた次に日本代表に入ることがあれば、晴らせればなと思っています」。次のステージでの雪辱を誓った。

 最後に、高校生活を振り返り「技術的にも人間的にも、ものすごく自分自身変わることができましたし、(高校野球生活の)2年半で自分の人生を大きく変えることが出来たと思います」と話した。怪物の伝説は、この先も続いていく。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)