イチロー「現役何歳まで?」アンケートに過半数が46歳以上 「この男は怪物」

イチロー「現役何歳まで?」アンケートに過半数が46歳以上 「この男は怪物」

マーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】

後半戦好調イチローに米専門家が注目、「現役何歳まで?」アンケート実施

 今季代打での出番が増し、シーズン代打安打でメジャー記録に残り「2」と迫っているマーリンズのイチロー外野手。序盤戦は低調なスタートとなったが、6月以降徐々に調子を上げ、打率も.250を超えてきた。限られた出番の中でV字回復を見せているベテランについて、米国の専門家がツイッターで緊急アンケートを実施。いつまで現役でプレーするかとの問いに半数以上が「46歳以上」と回答している。

 イチローは10日(日本時間11日)の敵地ブレーブス戦に途中出場し、2打数無安打に終わった。これで打率を.257に下げたものの、後半戦の復調ぶりは際立っている。今季はスプリングトレーニングで味方選手と接触し、右膝や腰を負傷するアクシデントが発生。迎えたシーズンではベンチスタートが続く中でなかなか波に乗り切れず、5月まで打率1割台と低迷した。

 それでも6月の月間打率を.273とすると、7月は.321、8月は.346と成績を向上させ、9月もここまで打率.333と3割をキープ。シーズン通算でも.257とした。その間、代打打席数でメジャー記録を更新し、代打打率も.292をマーク。代打安打も両リーグトップの26安打としており、メジャー記録の28安打に残り2本に迫っている。

 この右肩上がりの成績に注目したのが米メディア「スポーティングニュース」などに寄稿する野球アナリストでライターのライアン・シュペーダー氏。イチローがメジャー通算2500単打に到達したことを受けて自身のツイッターで今月8日(同9日)時点の成績をレポート。直近77試合で打率.327、出塁率.391、長打率.404、直近48試合で打率.361、出塁率.443、長打率.443、直近23試合で打率.429、出塁率.448、長打率.536だったことを紹介した。

「46歳以上」の予想は56%に

 さらにイチローがもうすぐ44歳を迎えることに触れつつ「最後の試合に出場するのは何歳だと思うか?」とのアンケートを実施。するとこの問いかけに1533票が集まり、「43歳-45歳」を予想する声が最多の44%となった。

 一方で「46歳-47歳」との予想も34%に達し、「50歳以上」の13%、「48歳-49歳」の9%と合わせて、46歳以上の予想は半数を超える56%に。返信欄には「私は彼が少なくとも49歳までプレーできると信じてる。この男は怪物だ」、「レジェンドは続けなければ!」などの声も寄せられた。

 スタントンをはじめとする正外野手が試合に出続けることでスタメンでの出場は減っているが、与えられた役割の中で結果を残しているベテラン。今季は代打でも貴重な戦力となることを証明しており、今後複数シーズンでの現役継続を期待するファンも多いようだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)