日本を3位に導く快投 福岡大大濠・三浦が得た自信「全ての球種が通用した」

日本を3位に導く快投 福岡大大濠・三浦が得た自信「全ての球種が通用した」

好投をみせた侍ジャパンU-18代表・三浦銀二【写真:Getty Images】

3位決定戦で先発の三浦が好投、コーチも称える「抜群に良かった」

 侍ジャパンU-18代表は10日(日本時間11日)、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)3位決定戦でカナダと対戦し、8-1で勝利した。銅メダルを獲得した日本は3大会連続でのメダル獲得となった。世界一は惜しくも逃したが、最後は投打が噛み合い有終の美で日程を終えた。

侍ジャパンU-18代表、3位決定戦勝利で有終の美 清宮主将「いいチームになった」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 この日の先発マウンドに立った三浦銀二(福岡大大濠)が連敗による重たい雰囲気を一気に消し去るような快投を見せた。この大会での登板はオープニングラウンドの南アフリカ戦のみで、その時は5回を投げ3安打無失点。「体が開いていて球もシュートしていたので、その課題を生かせた」と、この日はストレートの伸びや変化球のキレ味が抜群で、7回まで投げ毎回の12個の三振を奪った。

「全ての球種の原点はストレート」と三浦は言う。もともと球威のあるストレートを武器とし、センバツでは制球力の高さも見せた。コースを丁寧に突き、相手打者のバットが何度も空を切った。「(前回のカナダ戦を見て)コースに決まっている球は打たれていなかったので、全力で投げつつもコントロールには気をつけようと。難しいことですけれど、何とかできました」。主に投手を指導してきた東哲平コーチも「今日は三浦が抜群に良かった」と快投を称えた。

同部屋の徳山と野球談議、投球に自信「全ての球種が世界でも通用した」

 ここまで登板機会がなかなか巡って来なかった。「(アメリカ戦や韓国戦などで)他の投手が投げているのを見て、投げたかった気持ちはあります。(登板を告げられれば)抑えられる自信はありました」。

 レベルの高いメンバーの中でも刺激を受けた。宿舎では徳山壮磨(大阪桐蔭)と同部屋。すでに3試合登板し、好投を続けている仲間に、部屋では色々な野球の話をした。物静かかつ、マウンドでは冷静な徳山の姿に、学ぶことばかり。今ではすっかり仲良くなった仲間の1人だ。

 最終戦のマウンドは「(世界一になれなくても)銅メダルは持って帰りたかった。とにかく、チームに貢献したかったので勝てて良かったです」と笑顔を見せた。

 高校最後のマウンドと、そして今大会の日本代表の試合を有終の美で締めくくった。「全ての球種が世界でも通用した。この経験は今後に生かしていきたいです」。最後の最後に得た自信は、今後の野球人生に大いに生きるはずだ。(沢井史 / Fumi Sawai)

関連記事(外部サイト)