11月新大会へ侍Jコーチ陣が決定、金子誠、建山義紀、井端弘和らが入閣

11月新大会へ侍Jコーチ陣が決定、金子誠、建山義紀、井端弘和らが入閣

大会公式ロゴも決定【写真提供:NPBエンタープライズ】

11月16〜19日に東京ドームで開催

 NPBエンタープライズは11日、今年11月16〜19日に東京ドームで開催される「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」に出場する侍ジャパントップチームのコーチングスタッフを発表した。

初代アジア王者に輝いた侍ジャパン女子代表 18歳以下の選手たちが掴んだ大切なもの(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 稲葉篤紀新監督の下、侍戦士を勝利へ導くのは、金子誠(ヘッドコーチ)、建山義紀(投手コーチ)、村田善則(バッテリーコーチ)、井端弘和(内野守備・走塁コーチ)、清水雅治(外野守備・走塁コーチ)の5人のコーチだ。

 11月16〜19日に開催される大会には、日本、韓国、チャイニーズ・タイペイの3か国が参加。日本は11月16日に韓国、18日にチャイニーズ・タイペイと対戦する。19日には決勝が行われ、予選1位と2位のチームが対決する。

 チケットは9月13日から先行発売、9月24日から一般発売が始まる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)