「福岡発 売り子名鑑」CA目指す語学堪能才女、宮沢りえ似の売り子成長株

「福岡発 売り子名鑑」CA目指す語学堪能才女、宮沢りえ似の売り子成長株

アサヒビールの「ゆりこ」さん【写真:福谷佑介】

今夏はフランスで1か月の語学研修、9月から売り子に復帰

 球場の新たなエンターテインメントとなっている「売り子」。美女どころといわれる福岡のヤフオクドームで働くアサヒビール、キリンビールの両メーカーの売り子を不定期連載で紹介している「福岡発 売り子名鑑」の第27回をお届けする。これまでに紹介した売り子も含めてお気に入りの1人を見つけ、スタジアムでの楽しみの1つとなれば、幸いだ。

 第27回は、アサヒビールの「ゆりこ」さん、だ。

 大学でフランス語を専攻し、将来はCAになることを夢見る「ゆりこ」さん。そのため、昨夏には、まず英語を習得するために、語学研修で1か月間オーストラリアにホームステイ。今夏は1か月間フランスで語学研修を受けた。

「小学校5、6年生くらいの時に飛行機に乗っていて、おもちゃとかをくれるし、話しかけてくれて優しいなと思って。憧れがあって、格好いいなと。本当にCAになりたいんです」と、目を輝かせながら、自身の夢を語る大学2年生。留学していた間の約1か月の“休業期間”を経て、9月から売り子に復帰する。

 大学入学を機に、学業と並行して売り子にも挑戦。「出身は鹿児島なんですが、祖父母が福岡に住んでいて、ヤフオクドームに野球を見に来たことは何度かありました。その時に売り子さんを見て、楽しそうだなとずっと思っていました」との思いを抱いていた「ゆりこ」さん。大学の友人7人で一斉に応募。4人がドーム内の売店、3人が売り子になった。売店の4人は辞めてしまったものの、売り子の3人は2年目も働いているという。

「最初は本当にキツくて辞めたいと思っていました。でも、一緒に始めた子たちと励ましあったりして、なんとか1年目は頑張って続けられた感じでした」。苦難の1年目を乗り越えて、2年目に突入すると、見える景色が変わってきた。

目印は白のシュシュと首元にかける「フリキレ!!」のタオル

「毎回色々と学ぶことが多いんです。働くのも初めてだったので、最初は失敗ばかりして辛かったです。でも、慣れてきて、お客様ともコミュニケーションが取れるようになり、売れる杯数も伸びました。笑顔で接客すること、お客様の目を見てコミュニケーションをとろうと思っています」。球団担当者によれば、売り子の中でも成長株の1人なのだという。

「試合が始まる時とか、音楽がかかるとテンションが上がります。お客様も楽しんでいますし、その雰囲気を感じることで、自分も楽しくなってきますね。お客様と話すことも楽しいですね。野球は詳しくないので、野球の話はあまりしませんが、鹿児島出身と名札に書いているので、『私も鹿児島です』と声をかけていただいたり、鹿児島の話をしたり。外国人の方と英語で会話したこともありますし、それも楽しいですね」。今では売り子の日々は充実の毎日となっているようだ。

 大学入学まで暮らしていた鹿児島では、休日にウエイクボードをしていたというアウトドア派。ウエイクボードの腕前はなかなかのもので「自分の板も持っていますし、波を使ってのジャンプとかも出来ます」という。男性のタイプは「優しい人はいいですね。優しくて、私を引っ張ってくれる男らしい男性が好きです」。左右の違いこそあれ、女優の宮沢りえと同じく鼻の横にホクロがあり「若い頃の宮沢りえさんに似ていると言われることはありますね」。

 一塁側内野席を売り場としている彼女の目印は髪を結う白のシュシュと、首元にかける2009年のスローガンだった「フリキレ!!」のタオル。 

「笑顔でお客様に接しさせていただきますので、ビールを購入される際には、私を呼んでください!」

 なお、ソフトバンクでは9月28日の西武戦(ヤフオクD)で、全てのビールがワンコインの500円販売されるキャンペーンを実施する。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)