「掛布さんと池山さん…」現役生活21年に幕、岩村明憲が追い続けた背中

「掛布さんと池山さん…」現役生活21年に幕、岩村明憲が追い続けた背中

今季後期最終戦の武蔵ヒートベアーズ戦で引退試合を行った岩村明憲【写真:佐藤直子】

日米で活躍できたカギは「負けず嫌いだったこと」

 独立リーグのBCリーグ福島ホープスで兼任監督を務める岩村明憲選手が、10日に21年にわたる現役生活にピリオドを打った。シーズン後期最終戦。プレーオフ進出が懸かった一戦に「1番・DH」で先発すると、4打数2安打のマルチ安打。試合後は「本当はフルスイングで三振して終わる予定だった」と笑ったが、ヤクルト時代は3年連続で3割30本塁打とした巧打ぶりは健在だった。

 日米で活躍できた秘訣について「負けず嫌いだったこと」と自認する性格が最後まで出た。第1打席に二ゴロに倒れると、第2打席は1死満塁の好機で二ゴロ併殺。「悔しくてベンチの裏で素振りをした」と気合を入れて臨んだ第3打席に三遊間を破るレフト前ヒットを放つと、第4打席は「野球の基本に忠実にできた」とセンター前に弾き返した。チームは勝利こそ飾れなかったが、3-3の同点でプレーオフ進出を決め、選手・岩村の花道を飾った。

 野球と常に真剣勝負で向き合った21年。ヤクルト、メジャー、楽天、ヤクルト、独立リーグと渡り歩いた現役生活で、常に追い続けた背中があった。それが元阪神のスラッガー、掛布雅之氏(現阪神2軍監督)と、ヤクルト時代の大先輩、池山隆寛氏(現楽天チーフコーチ)だ。

「自分は掛布さんにすごく憧れて左打者になったくらいです」と言うほど、名門・阪神で一時代を築いたスラッガーに魅了された。掛布氏が現役引退したのは33歳の時。「掛布さんが短命であれば、自分も」と太く短い野球人生を送る覚悟で、プロの門をくぐった。だが、そんな岩村の意識を変えたのが、プロ入りした時にヤクルトで三塁を守っていた池山だった。

「掛布さんが短命であれば、自分も」という岩村の意識を変えた出会い

自分も」という岩村の意識を変えた出会い

 引退してからじゃ何もできない。現役は最高だ。そう現役生活にこだわり続けた池山は、1984年から2002年まで19年のプロ生活を送った。2002年10月17日、池山の引退試合に出た岩村は「こうなりたいと思った。どこか憧れ、目標にしていた部分がありました」と振り返る。

「同じポジション、ライバルという部分で、池山さんの立ち居振る舞いから何から、いろんなことを見てきましたけど、あらためて思うのは、すごい方だな、と。自分の中では、アメリカに行こうが何しようが、池山さんには勝つことはできない」

 掛布と池山。目標にした背中は大きく、選手として追いつけるとは思わなかったというが、1つだけ、近づけるポイントを見つけた。それが「多くのファンを魅了すること」だ。

 岩村の熱い性格は、プレーの端々にも表れた。チームの勝利のためには、全身全霊を尽くす。その姿勢と思いは、2007年から師と慕う元レイズのマドン監督をも魅了した。嘘偽りのない気持ちで、大好きな野球と真剣に向き合う姿勢は、世界共通の言語だった。

 今後は指導者として後進の育成に携わることはもちろん、野球を通じて、第2の故郷ともなった福島を盛り上げる活動を続けていくという。憧れの2人は、定評ある指導者に転身した。現役を終えた後もまた、2人の背中を追う旅は続くのかもしれない。(佐藤直子 / Naoko Sato)

関連記事(外部サイト)