ハム大谷、理想と現実の間 163キロ&5回零封も「ピッチングにはほど遠い」

日本ハムの大谷翔平が今季最速となる163キロを投げ今季初勝利も、自身の投球に不満

記事まとめ

  • 日本ハムの大谷翔平が楽天戦に先発し、6回途中1安打無失点で今季初勝利を挙げた
  • 今季最速となる163キロを含めて160キロ以上を6球計測し、栗山英樹監督も評価した
  • しかし、大谷翔平は「ピッチングというにはほど遠い」と自身の投球への不満を語った

ハム大谷、理想と現実の間 163キロ&5回零封も「ピッチングにはほど遠い」

ハム大谷、理想と現実の間 163キロ&5回零封も「ピッチングにはほど遠い」

日本ハム・大谷翔平【写真:(C)PLM】

MLB16球団の前で160キロ以上を6球、栗山監督は「ゼロに抑えたことに意味がある」

 日本ハムの大谷翔平投手が12日、本拠地での楽天戦で今季初勝利を挙げた。メジャーリーグのスカウト16球団32人が見つめる中で今季3度目の先発マウンドに上がり、6回途中1安打無失点と好投。今季最速となる163キロを含めて160キロ以上を6球計測した。チームは7-0と快勝した。

「こんなに遅れてしまって申し訳ないという思いもありますし、今日いいピッチングを見せられて、勝って良かったなと思います」

 今季初めて上がったお立ち台では、この日を待ち望んでいた3万人近い観衆に直接思いを伝えた。本格的に投手復帰した前回8月31日ソフトバンク戦では、4回途中3安打4失点、64球で降板して負け投手になった。そこから中11日で大きな進歩を見せた。

 初回先頭の島内を143キロのフォーク、3番の銀次を159キロ直球で空振り三振に仕留める上々の立ち上がり。2回1死一、二塁のピンチを迎えると、ギアを上げた。茂木への3球目は今季最速の163キロをマークして、最後は143キロのフォークで投ゴロ。続く聖沢は161キロ直球で遊ゴロに打ち取った。

 5点の援護をもらって上がった6回。2アウトを奪ったところで予定されていた80球に迫る78球となり降板した。

「球数を抑えて3人目まで行ければ良かったんですけど…。もうちょっと行けるかなと思いましたが、元々決まっていた予定なので。次はもう少し投げきれたら」

 イニング途中での降板に大谷は悔しさをのぞかせた。だが、栗山英樹監督は「あそこは2人と決めていた。ゼロに抑えたことに意味がある」と評価した。

「1個1個のボールで抑えた」「ピッチングというにはほど遠い」

 数字は快投に見えても、大谷自身は満足していない。前回登板で課題として浮かび上がった打者との駆け引きについて手応えを問われると、首をひねった。

「そんなにないですね。1個1個のボールで抑えていったという感じだけなので。ピッチングというにはほど遠いかなという内容。いい時に比べたらまだまだ。そこまで高いパフォーマンスを出せたとは思っていない」と振り返った。

 試合前に栗山監督が「キャンプの中盤くらいかな」と話していたように、本来の調子を取り戻すには、もう少し時間がかかりそうだ。

 理想を追求する一方で、大谷は現実と折り合いをつけることも忘れなかった。「前回よりも投げ心地は良かったですし、結果的に抑えられたのはそれなりの要因があるんじゃないかと思います。妥協した段階では納得できる。次回どこで上げられるか考えながらやりたい」と前を向いた。

 残り少ないシーズンの中でどこまでのパフォーマンスを発揮できるのか。米球界の注目が高まる中で挑戦を続ける大谷の目線は、しっかりファンに向けられていた。「1試合1試合、大事にしながら、楽しみに球場に来てくれる人たちに、勝ちを1個でも多く見せられるように。そういうモチベーションで頑張りたい」と残り試合に全力を尽くす。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)