青木宣親、メッツ加入9戦目で初の無安打 連続試合安打は「12」でストップ

青木宣親、メッツ加入9戦目で初の無安打 連続試合安打は「12」でストップ

カブス戦に出場するも無安打に終わったメッツ・青木宣親【写真:Getty Images】

3打数無安打1死球1得点1打点

 メッツの青木宣親外野手は12日(日本時間13日)、敵地でのメッツ戦に「2番・レフト」で先発出場。4打数無安打1死球1得点1打点に終わった。メッツ移籍後9試合目で初のノーヒットで、ブルージェイズ時代からの連続試合安打は「12」でストップ。メッツは3-8で敗れた。

 青木は左腕キンタナの前に初回はニゴロ、3回は空振り三振に倒れる。5回は1死から死球で出塁。その後、三塁まで進み、ダーノーの犠飛で先制のホームを踏んだ。

 しかし、カブスがその裏にキンタナのスクイズで同点に追いつくと、ブライアントの3ランで勝ち越し。青木は4点を追う7回は投ゴロ。6点を追う9回1死満塁ではニゴロで1打点を挙げたものの、ヒットは出なかった。

 メッツは敗戦。連続試合安打が止まった青木は打率.273となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)