ヤンキース監督、ハム大谷は「興味深い」 投手&DHの二刀流起用も「可能」

ヤンキース監督、ハム大谷は「興味深い」 投手&DHの二刀流起用も「可能」

日本ハム・大谷翔平【写真:石川加奈子】

キャッシュマンGMも直々に大谷の登板を視察、「レポートは受けているよ」

 12日の楽天戦で5回2/3を1安打無失点4奪三振3四球と好投し、今季初勝利を挙げた日本ハムの大谷翔平投手。札幌ドームにはメジャー16球団32人のスカウトが集結し、シーズン終盤にきて米国での注目度は高まるばかりだ。13日には、日本の報道を受けてMLB公式サイトが「二刀流スター・オオタニがポスティングでの移籍をすると報じられる」と大々的に伝えた。

 大谷獲得に特に力を入れている球団の1つとされているのが、メジャー随一の名門ヤンキースだ。本格投手復帰となった31日ソフトバンク戦(札幌ドーム)を視察するため、ブライアン・キャッシュマンGMが来日。超異例の“直接視察“で二刀流右腕の投球をチェックするなど、本腰を入れている様子。地元紙「ニューヨーク・ポスト」によると、ジョー・ジラルディ監督は大谷について「興味深い」と話し、先発投手とDHの兼務も「可能」と明言したという。

 大谷は12日の試合で今季最速の163キロをマーク。140キロ台後半のフォークに加え、切れ味抜群のスライダーでは空振りした島内に尻餅をつかせるなど、1つ1つのボールの質の高さを見せつけた。「ニューヨーク・ポスト」によると、大谷について聞かれたジラルディ監督は「当然、興味深いね。もちろん実際に彼を見たことはない。でもレポートは受けているよ」と明かしたという。上々の報告が指揮官にもあがっている様子だ。

 実際に決断を下した際、大谷がメジャーのどの球団に移籍するかについては、二刀流を続けられるかも、ポイントの1つになる可能性が高い。ナ・リーグでは投手として打席に立てる一方で、登板日以外では守備に就く必要があり、代打での起用が中心となりそうだ。逆に、DH制のあるア・リーグでは投手として打席には立たないが、登板間にDHとして起用することが可能だ。ただ、DHとして出場できなければ、代打以外では打てなくなる。

「彼がDHをできるなら独特なシチュエーションが生まれる」

 ジラルディ監督は記事の中で「『投手とDHの二刀流は可能か?』と聞かれた。可能だ。先発の前日に少し気を付けないといけないけど、彼がDHをできるなら独特なシチュエーションが生まれる。ロースターに別のスポットを空けるようなね。私にしてみれば、もし6人ローテーションをしたくなったら、やりやすくなる」と説明している。25人のアクティブロースターから、DHの枠を1つ減らす代わりに、先発投手を1人増やし、6人制ローテを導入。そして、大谷がDHで出場できない日には、ベテランや休養が必要な野手を入れる。そんなプランも可能になる。もちろん、大谷がDHとして十分な打力を持ち合わせていることが前提となる。

 新労使協定のもとでは、25歳以下の大谷はマイナー契約となる。現状では大型契約は期待できないが、2年待てば、その枠からは外れる。それでも今オフにメジャー移籍を目指すと日本メディアで報じられ、そのニュースはすぐに米国へと伝わった。これについても、ジラルディ監督は「彼はこっちで高給を得られるだろうが、最高峰で競争したいようだ。素晴らしいと思うよ。どの挑戦者にも共通する思いだ。最高の相手と戦ってどうなるかみたいんだよ」と地元メディアに明かしており、感銘を受けたようだ。

 また、同紙はヤンキースに所属する田中将大投手のコメントも紹介。通訳を介して「彼ができるか否か、実際のところ誰も何も言えないと思います。メジャーで今誰もやってないことですが、どんなものだってできます」と話した上で、「投手と打者として成功とみなす基準をどこに引くかだと思います。もしかしたら20勝50本塁打は無理かもしれないですが、成功とみなす基準をどこに引くかです。やりたいなら、チャンスがあるといいなと思います」としている。

 田中自身は2013年に24勝無敗、楽天初の日本一と、日本でほぼやり残したことがないような実績を残し、海を渡った。新たなステージ、レベルでの挑戦を選んだ。それだけに、取材に対して「全員とは言えないですが、日本から来ている多くの選手はあんまりお金のことは気にしていないと思います。ただこっちに来て挑戦したい。自分が大リーグで通用するかを挑戦したいんです」とも話している。

 ニューヨークメディアも注目する「オオタニ」の動向から、目が離せなくなりそうだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)